海辺の家 [DVD]

脚本 マーク・アンドラス
定価:¥ 5,076
マーケットプレイス価格:¥ 6,390 (税込)

販売元:ポニーキャニオン
カテゴリ:DVD
JAN:4988013443808
Amazon.co.jp 売上ランキング:DVDで27253位

[ Amazonの詳細ページへ ]
この商品は購入可能です
Amazon.co.jpのカートに入れる
発送可能時期:在庫あり。
Yahoo!ショッピング
海辺の家/ケビン・クライン
ストア:BOOKOFF Online ヤフー店
在庫あり
¥988
条件付
送料無料
中古DVD/海辺の家/洋画
ストア:ドラマ書房Yahoo!店
在庫あり
¥1,490
条件付
送料無料
中古DVD/海辺の家/洋画
ストア:ドラマYahoo!店
在庫あり
¥1,490
条件付
送料無料
エディターレビュー
   よくできた泣ける映画『海辺の家』は、『普通の人々』や『愛と追憶の日々』のような苦悩に満ちた家族のドラマの喜ばしい再来だ。過去の名作には及ばないものの、ケヴィン・クラインの過小評価されている演技力を理解する人なら、やはり涙をぬぐうティッシュが必要な出来と言えるだろう。タイトルが示唆するとおり、クラインの演じるキャラクターの計画は、傷ついた家族の人生を土台から修復することの明白な比喩だ。末期ガンに冒された建築家に扮するクラインはアカデミー賞級の演技を見せる。マリブの崖の上にある、もっとも辛い記憶をはらんだ家を解体し再建し、疎遠になった虚無的な息子(この作品の後『スター・ウォーズ』に出演することになったヘイデン・クリステンセン)と離婚した妻(クリスティン・スコット=トーマス)と心を通わせようとする。アーウィン・ウィンクラー監督の配役センスの良さのお陰で、時折お涙ちょうだい的になる脚本(『恋愛小説家』の脚本家マーク・アンドラス)の失策が最小限に抑えられている。総合的に見てこの作品は、ハリウッドがアクションや特撮に魂を奪われたわけではないことを示す見事な例だ。(Jeff Shannon, Amazon.com)
Amazonレビュー


カテゴリ
amazon検索