Essential Sly & the Family Stone

定価:
マーケットプレイス価格:¥ 1,370 (税込)

レーベル:Sony
カテゴリ:CD
:2110623
JAN:0696998686724
Amazon.co.jp 売上ランキング:音楽で14816位

[ Amazonの詳細ページへ ]
この商品は購入可能です
Amazon.co.jpのカートに入れる
発送可能時期:通常1~2営業日以内に発送
トラックリスト
Disc : 1
  1. Underdog
  2. I Cannot Make It
  3. Dance To The Music
  4. Are You Ready ?
  5. Fun
  6. M'Lady
  7. Life
  8. Love City
  9. Stand !
  10. Don't Call Me Nigger, Whitey
  11. I Want To Take You Higher
  12. Somebody's Watching You
  13. Sing A Simple Song
  14. Everyday People
  15. You Can Make It If You Try
  16. Hot Fun In The Summertime
  17. Everybody Is A Star
  18. Thank You (Falettinme Be Mice Elf Agin)
Disc : 2
  1. Family Affair
  2. Luv N' Haight
  3. Poet
  4. (You Caught Me) Smilin'
  5. Runnin' Away
  6. Brave & Strong
  7. Just Like A Baby
  8. Thank You For Talkin' To Me, Africa
  9. In Time
  10. If You Want Me To Stay
  11. Frisky
  12. Skin I'm In
  13. Babies Makin' Babies
  14. If It Were Left Up To Me
  15. Time For Livin'
  16. Loose Booty
  17. I Get High On You
エディターレビュー
   マイケル・ジャクソンとプリンスは、リズミカルなソウル、ロック的な音階と野心を融合させることでスーパースターになったが、それよりもずっと昔のお話。北カリフォルニアの元DJでプロデューサーだったスライ・ストーンこと本名シルヴェスター・スチュアートが、60年代の音楽独特のユートピア的理想主義をベースにして、異文化交流的で、思わず腰を振りたくなるような、ジャンルにとらわれないグルーヴを追求するお化けバンドを生んだ。それがスライ&ザ・ファミリー・ストーン(以下S&TFS)だ。ファンクの生みの親はとりあえずジェームス・ブラウンだが、ファンクをうまく磨き上げ、一気にパワー・アップさせて、広く世に受け入れられるものにしたのはS&TFSなのだ。

   本作は35トラック収録、2枚組のアンソロジーだが、単に大ヒット曲を集めたものではなく(とはいえ、全部ここで聴けるし、デジタル・リマスターで輝かしい音質に生まれ変わっている)、さらに一歩踏み込んで、次なるステップ・アップを感じさせるひと握りのアルバムまで網羅した内容となっている。だが、S&TFSがこれらのアルバムを録音したあと、リーダーのスチュアートが麻薬中毒で問題を起こすようになった。スチュアートはいつまでたっても立ち直れず、やがて世間に忘れられてしまった。年代順に見直してみると、スチュアート=ストーンの抱える問題は、妥協を廃してつくられた名盤、『There's a Riot Going On』や『Family Affair』で見られるような戦闘的で硬派な姿勢をとるようになっていくバンドと歩調を合わせるようにして肥大化していったようだ。ラリー・グラハムのベース・ラインに尻を叩かれ、燃え立つようなホーン・セクションに後押しされたスライと仲間たちは、「Stand」がヒットした(そして重荷となった)1969年を頂点にして、あとは一気に転落していく。彼らを待ち受けていたのは、それまで以上に暗く、激動する70年代だった。これほど高いところまで昇り、深いところまで落ちたバンドは稀(まれ)だろう。(Jerry McCulley, Amazon.com)

Amazonレビュー


amazon検索