Live at the Rainbow Room [DVD] [Import]

定価:¥ 2,333
マーケットプレイス価格:¥ 7,432 (税込)

販売元:Encoded Jazz
カテゴリ:DVD
JAN:0766483270667
Amazon.co.jp 売上ランキング:DVDで178802位

[ Amazonの詳細ページへ ]
エディターレビュー
   ダイアナ・クラールのDVD『Live in Paris』を宝物にしているジャズ・ファンは、ジェーン・モンハイトによる本作『Live at the Rainbow Room』を2本立てプログラムのおいしい後半部分と考えるかもしれない。クラール同様に、モンハイトもジャズ・スタンダードを楽々と歌いこなす。その年齢(モンハイトの場合は24歳)に似合わない歌唱力の持ち主なのだ。彼女たちは、どちらもコンボとアラン・ブロードベントの指揮するオーケストラをバックに歌う。モンハイトはクラールのようにピアノを演奏したりはしないが、その声はより輝かしく、よりしなやかな楽器と化している。アルバム『In the Sun』がリリースされて間もない2002年9月に撮影された本作は、モンハイトがマンハッタンの伝説的なキャバレーのステージに立ったときの記録であり、バラードの名曲(「It Never Entered My Mind」、「Some Other Time」)のほか、ブラジリアン・ポップ(イヴァン・リンス、アントニオ・カルロス・ジョビンの「Waters of March」)やコンテンポラリーなチューンを盛り込んだ内容だ。こういう若々しい歌声が「Over the Rainbow」の夢と希望を見事に描き出すのは別段驚くべきことではないが、ヴィンセント・ユーマンスの「Tea for Two」をこんなにセクシーに聴かせてくれるなんて、誰が想像しただろうか? (David Horiuchi, Amazon.com)
Amazonレビュー
amazon検索