ベートーヴェン:ピアノ協奏曲全集(3枚組)/Beethoven: Piano Concertos Nos. 1-5

作曲 ベートーヴェン , 指揮 アーノンクール , 演奏 エマール(Pf)
定価:
マーケットプレイス価格:¥ 1,158 (税込)

レーベル:TELDEC
カテゴリ:CD
JAN:0809274733429
Amazon.co.jp 売上ランキング:音楽で11961位

[ Amazonの詳細ページへ ]
この商品は購入可能です
Amazon.co.jpのカートに入れる
発送可能時期:在庫あり。
トラックリスト
Disc : 1
  1. Beethoven : Piano Concerto No.2 in B flat major Op.19 : I Allegro con brio
  2. Beethoven : Piano Concerto No.2 in B flat major Op.19 : II Adagio
  3. Beethoven : Piano Concerto No.2 in B flat major Op.19 : III Rondo - Allegro molto
  4. Beethoven : Piano Concerto No.1 in D major Op.15 : I Allegro con brio
  5. Beethoven : Piano Concerto No.1 in D major Op.15 : II Largo
  6. Beethoven : Piano Concerto No.1 in D major Op.15 : III Rondo - Allegro
Disc : 2
  1. Beethoven : Piano Concerto No.3 in C minor Op.37 : I Allegro con brio
  2. Beethoven : Piano Concerto No.3 in C minor Op.37 : II Largo
  3. Beethoven : Piano Concerto No.3 in C minor Op.37 : III Rondo - Allegro
Disc : 3
  1. Beethoven : Piano Concerto No.4 in G major Op.58 : I Allegro moderato
  2. Beethoven : Piano Concerto No.4 in G major Op.58 : II Andante con moto
  3. Beethoven : Piano Concerto No.4 in G major Op.58 : III Rondo - Vivace
  4. "Beethoven : Piano Concerto No.5 in E flat Major Op.73, 'Emperor' : I Allegro"
  5. "Beethoven : Piano Concerto No.5 in E flat Major Op.73, 'Emperor' : II Adagio un poco mosso"
  6. "Beethoven : Piano Concerto No.5 in E flat Major Op.73, 'Emperor' : III Rondo - Allegro"
エディターレビュー
「別格の美演だ。エマールの宝石のような美音は聞いているだけで幸せになるが、それは単に煌めくだけではない。光のように結晶化するかと思えば、温かく明るい艶で聴く者の心をときめかし、時にはソフトに曇らせてしまう。最近の演奏には珍しくテンポが遅く、しかも曲想に応じて自由自在に流動する。エマールの演奏で第2番の魅力に開眼する人も多いことだろう。アーノンクールの指揮も鮮烈な迫力と軟体動物のようなレガートが交錯し、雄弁な表情に満ちている。第1番の第1楽章などは、往年の巨匠ですらここまではやるまいと思わせるエスプレッシーヴォである。過去の名盤と比べても優にベストを競いうる、近頃最も注目すべきコンチェルトの新盤登場である」-- 宇野功芳氏 「今回のベートーヴェンでは、なぜか優雅、柔和に解釈されることが多い第2番のコンチェルトが聴き手に衝撃を与えるに違いない。第1楽章における意味深長で一筋縄ではいかない複雑なレトリックの数々が、演奏によって極端といえるほどに強調されていく。この楽章をここまで真に迫る雄弁術によって再現した指揮者は初めてではないだろうか。・・・初期のコンチェルトからそれ自体が有する価値を明瞭に見いだし、実際の音で聴き手を震撼させるまでに再創造されたこのディスクは、両作品の演奏史の流れをばっさりと断ち切るがごとき問題作と言えるのではないだろうか」--安田和信氏
Amazonレビュー


amazon検索