イン・ザ・ベッドルーム [DVD]

定価:
マーケットプレイス価格:¥ 2,000 (税込)

販売元:ユニバーサル・ピクチャーズ・ジャパン
カテゴリ:DVD
JAN:4560128823326
Amazon.co.jp 売上ランキング:DVDで154689位

[ Amazonの詳細ページへ ]
この商品は購入可能です
Amazon.co.jpのカートに入れる
発送可能時期:在庫あり。
エディターレビュー
   この『イン・ザ・ベッドルーム』のように、心に響く、美しい映像作品が発表されると、映画が表現し得る感性、啓示性の限界がまたしても押上げられたような気がする。今回が初監督作品となるトッド・フィールドは、脚本家ロブ・フェスティンガーとともに、アンドレ・デュバスの原作をもとに21歳の息子を殺された両親の深い喪失感、怒り、冷徹なまでの復しゅう心を静かに描いてみせた。映画は、フランク(ニック・スタール)が大学の夏休みを利用して里帰りするところから始まる。フランクは、ナタリー(マリサ・トメイ)という、暴力夫と別居して2人の子供を育てている魅力的な年上の女性と付き合っていた。フランクとナタリーの関係がみんなの中にある偏見を露呈することになったとは言え、フランクと両親の間に通い合うあたたかく優しい愛情の描写は、映画でその後起こってくるどうしようもない憤怒に強い説得力を与えている。ロブスターだけでもっているメイン州の小さな町で中流の暮らしをしていたマットとルース・ファウラー(トム・ウィルキンソンとシシー・スペイセク)は、フランクが殺された後しばらくの間やるせなさと相手を責める気持ちにさいなまれ続けたが、最後には押さえ切れない怒りがすべてを超越してしまう。フィールドが丁寧に描いた嫉妬、階級意識、深い悲しみといった感情の描写は、ウィルキンソンとスペイセクのこれまでで最高と言っても良い名演技でさらに深みを増している。ユー・キャン・カウント・オン・ミーと同様にこの『イン・ザ・ベッドルーム』も新世紀を彩る最高のアメリカン・ドラマのひとつと言えるだろう。(Fionn Meade, Amazon.com)
Amazonレビュー
カテゴリ
amazon検索