Elephant

定価:
マーケットプレイス価格:¥ 1,498 (税込)

レーベル:V2
カテゴリ:CD
JAN:0638812714824
Amazon.co.jp 売上ランキング:音楽で138537位

[ Amazonの詳細ページへ ]
この商品は購入可能です
Amazon.co.jpのカートに入れる
発送可能時期:通常1~3週間以内に発送
トラックリスト
  1. Seven Nation Army
  2. Black Math
  3. There's No Home For You Here
  4. I Just Don't Know What To Do With Myself
  5. In The Cold, Cold Night
  6. I Want To Be The Boy...
  7. You've Got Her In Your Pocket
  8. Ball And Biscuit
  9. The Hardest Button To Button
  10. Little Acorns
  11. Hypnotise
  12. The Air Near My Fingers
  13. Girl, You Have No Faith In Medicine
  14. It's True That We Love One Another
Yahoo!ショッピング
【輸入盤】ELEPHANT/ザ・ホワイト・ストライプス
ストア:BOOKOFF Online ヤフー店
在庫あり
¥498
条件付
送料無料
エディターレビュー
   ホワイト・ストライプスがイギリス製アルバムをつくると冗談半分に言われていた『Elephant』だが、文化的背景の違いがあちこちに顔をのぞかせる内容となっており、故郷から遠く離れた地でレコーディングされたことをしのばせる。まずは聴いてみてほしいのが、「Seven Nation Army」の歌詞――「イングランド女王から地獄の番犬まで(From the Queen of England to the hounds of Hell)」――や、アルバムの最後で「たいへん結構、お茶でもいかが?(Jolly good, cup of tea?)」というセリフが入ってくるところだ。しかし、メグ・ホワイトがおふざけ的にホリー・ゴーライトリーとからんでみるといった新たなひねり技もあるが、『Elephant』はジャック&メグ・ホワイトにとって新境地といえるほどのものにはなっていない。まだ2人は持ち前の創造性(と8トラック)を新たな高みへと押し上げている最中なのだ。ドキリとするほどクイーン風の「There's No Home for You Here」は聴きものだし、「Seven Nation Army」はディープなべース・ラインが印象的で、インディー・ダンス・トラックの名作といえる。だが、新たな領域に飛躍をとげた曲がある一方で、ホワイト・ストライプスのトレードマークであるストレートでブルージーなロックもたっぷりある。中でもあからさまに性を歌った「Ball and Biscuit」は注目だ。物悲しく、あくまでも控えめでありながらシアトリカルなジャックの歌声も聴ける。(Caroline Butler, Amazon.com)
Amazonレビュー


ライフログ - この商品を登録しているブログ
amazon検索