Ozell Tapes: The Official Bootleg

定価:
マーケットプレイス価格:¥ 1,591 (税込)

レーベル:Telarc
カテゴリ:CD
:2023717
JAN:0089408358227
Amazon.co.jp 売上ランキング:音楽で18706位

[ Amazonの詳細ページへ ]
この商品は購入可能です
Amazon.co.jpのカートに入れる
発送可能時期:在庫あり。
トラックリスト
  1. Intro
  2. Power
  3. So What
  4. Lonnie's Lament
  5. Cousin John
  6. Scoop
  7. I Love You Porgy
  8. Panther
エディターレビュー
   2時間にわたる本作でミラーは、熱狂的でどん欲なファンを始め、あらゆるファンの期待にこたえている。本作はミラーの超一流のバンドによるライヴ盤で、1997年の『Live & More』を上回るすばらしさだ。海賊盤コレクター好みの順番、つまり録音順に並べたほぼすべてのナンバーでミラーはイントロをプレイし、それをソロ奏者たちの燃えるようなプレイに引き継がせる。「So What」ではディーン・ブラウンが激しいギター・ソロを響きわたらせ、12分にもおよぶ熱い「Scoop」では過小評価されているマイケル"パッチズ"スチュワートのトランペットが前面に出て、ブラウンやサックスのロジャー・バイアムと8バースの掛け合いをしている。バンドはミラーのクラシック・ナンバー「Panther」「Cousin John」や、ミラーがマイルス・デイビスのために書いた20分にわたるメドレーなどのロング・ナンバーにも手を伸ばしている。そして、独創的なアレンジャーでもあるミラーによるカヴァー曲も、このベーシストのライブの聴き所のひとつであり、「Lonnie's Lament」、「Killing Me Softly」、心打つ「I Loves You Porgy」でくり返しジョン・コルトレーンに敬意を表している。また、『Live & More』と同じくレイラ・ハサウェイが、クルセイダーズを思わせるジョー・サンプルのナンバー「People Make the World Go 'Round」で参加している。本作には、多くのファンからジャズ界で最高のエレキベーシストと見なされている男の、卓越した驚くべき音楽的センスがすみずみまで行き届いている。(Mark Ruffin, Amazon.com)
Amazonレビュー


amazon検索