ソルト

演奏 ジョン・カウハード , 演奏 ケニー・バンクス , 演奏 ダニーロ・ペレス , 演奏 ジョン・ハート , 演奏 アダム・ロジャース , 演奏 ダグ・ワイス , 演奏 ブライアン・ブレイド , 演奏 クリス・ポッター
新品の在庫はありません。
ユーズド:¥ 149より »
レーベル:ユニバーサル ミュージック クラシック
カテゴリ:CD
JAN:4988005335739
Amazon.co.jp 売上ランキング:音楽で326121位

[ Amazonの詳細ページへ ]
トラックリスト
  1. オープン・ユア・アイズ、ユー・キャン・フライ
  2. ソルト
  3. アフロ・ブルー
  4. スーン・アズ・アイ・ゲット・ホーム
  5. ウォーク・ウィズ・ミー、ロード
  6. エターニティ
  7. グッドバイ
  8. ヴォーカリーズ|エンド・オブ・ザ・ライン
  9. ファイアー
  10. ブルー・ローズ
  11. リード・ザ・ウェイ
  12. サイレンス
エディターレビュー
   まだ20歳そこそこのジョージア州出身の才能ある女性シンガー、リズ・ライト。その待望のデビュー盤はノラ・ジョーンズだけが「セクシーな女性シンガー」でないことを教えてくれる。本作より前にジョー・サンプルの『The Pecan Tree』でも披露されたライトのすてきなアルト・ボイスは、ソウル、ジャズ、R&B、ゴスペルといった豊富な素材で料理した南部音楽のごった煮のシチューと言える。

   本作はトミー・リプーマ、ジョン・カウハード、ドラマーのブレイン・ブレイドが平等にプロデュースし、楽曲の多くはミッド・テンポでアレンジされたジャズ・フュージョンのナンバー、霊歌、ブロードウェイ・ナンバー、ラテン音楽、ライト・クラシック、オリジナル曲だ。軽やかで滑らかなライトのボーカルは、フローラ・プリムの70年代の名曲「Open Your Eyes, You Can Fly」やモンゴ・サンタマリアの「Afro Blue」(ダニーロ・ペレスがピアノで参加)、あるいは『The Wiz』収録の「Soon As I Get Home」のどれに持ち味であるセピア色を加えようとも、レイラ・ハザウェイの才能を彷彿させる。本作は将来性を予感させるデビュー作であるけれども、南部的なタイトル・ナンバーが証明するように、ライトが心の底からソウル・シンガーであることを感じさせる。ひとつ確実に言えるのは、リズ・ライトの前には果てしない未来が一点のくもりもなく広がっているということだ。(Eugene Holley, Jr., Amazon.com)

Amazonレビュー
amazon検索