レッド・ツェッペリン DVD 初回限定生産

定価:
マーケットプレイス価格:¥ 18,300 (税込)

販売元:ワーナーミュージック・ジャパン
カテゴリ:DVD
JAN:4943674962570
Amazon.co.jp 売上ランキング:DVDで11668位

[ Amazonの詳細ページへ ]
この商品は購入可能です
Amazon.co.jpのカートに入れる
発送可能時期:通常1~2営業日以内に発送
トラックリスト
Disc : 1
  1. ウィアー・ゴナ・グルーヴ(ロイヤル・アルバート・ホール 1970)
  2. 君から離れられない(ロイヤル・アルバート・ホール 1970)
  3. 幻惑されて(ロイヤル・アルバート・ホール 1970)
  4. ホワイト・サマー(ロイヤル・アルバート・ホール 1970)
  5. 強き二人の愛(ロイヤル・アルバート・ホール 1970)
  6. ハウ・メニー・モア・タイムズ(ロイヤル・アルバート・ホール 1970)
  7. モビー・ディック(ロイヤル・アルバート・ホール 1970)
  8. 胸いっぱいの愛を(ロイヤル・アルバート・ホール 1970)
  9. コミュニケイション・ブレイクダウン(ロイヤル・アルバート・ホール 1970)
  10. カモン・エヴリバディ(ロイヤル・アルバート・ホール 1970)
  11. サムシング・エルス(ロイヤル・アルバート・ホール 1970)
  12. ブリング・イット・オン・ホーム(ロイヤル・アルバート・ホール 1970)
  13. コミュニケイション・ブレイクダウン(PROMO-1969)(EXTRAS)
  14. コミュニケイション・ブレイクダウン(DANMARKS RADIO-1969)(EXTRAS)
  15. 幻惑されて(DANMARKS RADIO-1969)(EXTRAS)
  16. ゴナ・リーヴ・ユー(DANMARKS RADIO-1969)(EXTRAS)
  17. ハウ・メニー・モア・タイムズ(DANMARKS RADIO-1969)(EXTRAS)
  18. 幻惑されて(SUPERSHOW-1969)(EXTRAS)
  19. コミュニケイション・ブレイクダウン(TOUS EN SCENE-1969)(EXTRAS)
  20. 幻惑されて(TOUS EN SCENE-1969)(EXTRAS)
Disc : 2
  1. 移民の歌-1972
  2. ブラック・ドッグ(マディソン・スクウェア・ガーデン 1973)
  3. ミスティ・マウンテン・ホップ(マディソン・スクウェア・ガーデン 1973)
  4. 貴方を愛しつづけて(マディソン・スクウェア・ガーデン 1973)
  5. オーシャン(マディソン・スクウェア・ガーデン 1973)
  6. カリフォルニア(アールズ・コート 1975)
  7. ザッツ・ザ・ウェイ(アールズ・コート 1975)
  8. スノウドニアの小屋(アールズ・コート 1975)
  9. 死にかけて(アールズ・コート 1975)
  10. トランプルド・アンダーフット(アールズ・コート 1975)
  11. 天国への階段(アールズ・コート 1975)
  12. ロックン・ロール(ネブワース 1979)
  13. 俺の罪(ネブワース 1979)
  14. シック・アゲイン(ネブワース 1979)
  15. アキレス最後の戦い(ネブワース 1979)
  16. イン・ジ・イヴニング(ネブワース 1979)
  17. カシミール(ネブワース 1979)
  18. 胸いっぱいの愛を(ネブワース 1979)
  19. NYC PRESS CONFERENCE-1970(EXTRAS)
  20. ロックン・ロール(DOWN UNDER-1972)(EXTRAS)
  21. バンド・インタビュー(DOWN UNDER-1972)(EXTRAS)
  22. ロバート・プラント・インタビュー(THE OLD GREY WHISTLE TEST-1975)(EXTRAS)
  23. 丘のむこうに(PROMO-1990)(EXTRAS)
  24. トラヴェリング・リヴァーサイド・ブルース(PROMO-1990)(EXTRAS)
エディターレビュー
   伝説のパフォーマンスが今よみがえる。待ち焦がれたライヴ・コレクションがいよいよ登場。『レッド・ツェッペリン』は、ロックを代表する作品と言っていい。とにかく興奮する。

   世界で一番ビッグネームなバンドでありながら、レッド・ツェッペリンの姿はあまり映像に収められてこなかった。今まで公式に発表された映像は『狂熱のライブ』だけ。これは、魅力的ではあるが、大成功とは呼べない作品だった。今回のコレクションでは、『狂熱のライブ』に収録されていたマジソン・スクエア・ガーデンでのライヴ(1973年)も改めて収録。ほかには、ロイヤル・アルバート・ホール(1970年)、アールズ・コート(1975年)やネブワース(1979年)の映像が収められている。画質を修復し、音源もリマスター。つまり、画質も音質も素晴らしいものが用意されている。この大変な作業を手掛けたのは、共同プロデューサーのディック・カラザーズとジミー・ペイジだ。

   未発表の映像や音源は山のようにあった。その中から、映像が欠けたり音声が失われたりしている個所があるものを丁寧に取りのけ、ペイジとカラザーズの2人は最高の場面だけを選んでいる。そして同時に、その映像を組み合わせ、流れをつけた。これを見ている観客は、決して終わりのこないライブに迷い込んだかのように感じるだろう。8ミリ映画風の荒い画像で始まる「移民の歌」(1972年 シドニー音源)から「ブラック・ドッグ」(1973年 マジソン・スクエア・ガーデン音源)への移り変わりは特に素晴らしい。

   見どころはどこかと問われれば、すべてと答えるしかない。誇張ではなく、強力で貴重な音源と映像が集まり、全編を作り上げているのだ。本編のライヴ映像は230分。加えて、1時間半の特典映像が収録されている。ジミー・ペイジがヴァイオリンの弓で奏でる音と言えば「幻惑されて」だが、これが今度はDTSもしくはドルビーデジタル5.1チャンネルサラウンドで体感できる。これは忘れられない経験になる。(Mark Walk, Amazon.co.uk)
Amazonレビュー
カテゴリ
amazon検索