リボーン

演奏 小曽根真 THE TRIO
定価:¥ 3,086
マーケットプレイス価格:¥ 4,100 (税込)

レーベル:ユニバーサル ミュージック クラシック
カテゴリ:CD
JAN:4988005337283
Amazon.co.jp 売上ランキング:音楽で58202位

[ Amazonの詳細ページへ ]
この商品は購入可能です
Amazon.co.jpのカートに入れる
発送可能時期:在庫あり。
トラックリスト
  1. リボーン
  2. ペニーズ・フロム・ヘヴン
  3. ア・ハンドフル・オブ・スターズ
  4. キャラヴァン
  5. ミヤコ
  6. ローラ
  7. ドラえもんのうた
  8. プレイ
  9. オシアーノ
  10. オン・グリーン・ドルフィン・ストリート
  11. エヴリシング・ハプンズ・トゥ・ミー
  12. イッツ・オール・ライト・ウィズ・ミー
  13. リボーン (フォーエヴァー)
エディターレビュー
   ジェームス・ジナス&クラレンス・ペンを伴ったレギュラー・トリオによる録音だけど、スタンダードを中心に演奏している点が一番の特徴。ほかのピアニストならこういう企画はごく当たり前なのだが、小曽根はオリジナルで勝負してきたアーティストなので、トリオによるスタンダード集というのはけっこう珍しかったりする。ちなみに自作曲は最初と最後に演奏しているタイトル曲だけ。
   となると、おなじみの曲をどのように料理しているかが最大の関心事だが、そこは才人小曽根だけあってアレンジも演奏も飛び切り斬新だ。オスカー・ピーターソンに通じるピアニスティックなスケールと往年のビル・エヴァンス・トリオをほうふつとさせる三位一体のインタープレイ、その両方の要素を兼ね備えているのが小曽根の強みであり、その結果、ここに聴かれるのはオーソドックスだけどありきたりではない演奏。<7>は2002年の『ドラえもん展』のために録音、会場でシングル発売された演奏だが、原曲とはまったく雰囲気の異なるジャジーな演奏になっている。(市川正二)
Amazonレビュー
amazon検索