メンデルスゾーン:ヴァイオリン協奏曲

演奏 五嶋みどり , 作曲 メンデルスゾーン , 作曲 ブルッフ , 指揮 ヤンソンス(マリス) , 演奏 ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
価格:¥ 2,600 (税込)
レーベル:ソニー・ミュージックジャパンインターナショナル
カテゴリ:CD
JAN:4547366010886
Amazon.co.jp 売上ランキング:音楽で15685位

[ Amazonの詳細ページへ ]
トラックリスト
  1. ヴァイオリン協奏曲ホ短調 作品64 第1楽章 アレグロ・モルト・アパッショナート
  2. ヴァイオリン協奏曲ホ短調 作品64 第2楽章 アンダンテ
  3. ヴァイオリン協奏曲ホ短調 作品64 第3楽章 アレグレット・ノン・トロッポ - アレグロ・モルト・ヴィヴァーチェ
  4. ヴァイオリン協奏曲第1番ト短調 作品26 第1楽章 前奏曲 : アレグロ・モデラート
  5. ヴァイオリン協奏曲第1番ト短調 作品26 第2楽章 アダージョ
  6. ヴァイオリン協奏曲第1番ト短調 作品26 第3楽章 フィナーレ : アレグロ・エネルジーコ
この商品を買った人はこんな商品も買っています
エディターレビュー
   何とみずみずしく、本物の風格にあふれた演奏だろう。何と激しく、聴き手の心にぐいぐいと食い込んでくる音色だろう。

   ついに真打ち登場という感じで満を持してレコーディングされたメンデルスゾーン(2003年1月録音)は、みどりにとって、1990年アシュケナージ指揮ベルリン放送交響楽団と共演して以来、約13年ぶりの演奏。もう一方の人気曲ブルッフの第1番(2002年6月録音)も、みどり得意の曲目ながら、熟成を待ったあげく世に問う自信作である。

   メンデルスゾーンでは、第1楽章のひんやりしっとりと歌う、あの冒頭の有名な旋律から、もう鳥肌もの。第2楽章の痛切な思いを込めた歌など、誰しも涙を誘わずにはおかない真実味がある。第3楽章導入部の羽毛のような軽やかさも、天下一品。特に、幸福感にあふれた終結部でのドキリとさせられるほど激しいリズムは雄弁で、何度繰り返し聴いても、こたえられないほどの感銘を与えてくれる。ブルッフでも、劇的な第1楽章、第2楽章でのいっそう清々しくつややかな歌、第3楽章の跳躍的なリズムの鮮やかさ、どこをとっても完璧。

   共演のヤンソンス指揮ベルリン・フィルも、みどりの触発を受けたのか、いつにもまして演奏が熱い。ベルリン・フィルならではの軋むような厚みのある響きは、随所で強烈な効果を生み出している。両者の相性は抜群で、その格調高く質実な音楽には、不必要な誇張がまったくない。

   ともすれば手垢にまみれたこの2大名曲は、この演奏によって、見違えるほど清新で輝かしいものになった。初心者はもちろんのこと、熟練の聴き手にも、初めてこの2曲に出会ったときと同じくらいの、鮮烈な感激を与えてくれるに違いない。(林田直樹)

Amazonレビュー


ライフログ - この商品を登録しているブログ
amazon検索