Jeff

定価:
マーケットプレイス価格:¥ 2,080 (税込)

レーベル:Sony
カテゴリ:CD
JAN:0696998694125
Amazon.co.jp 売上ランキング:音楽で234161位

[ Amazonの詳細ページへ ]
この商品は購入可能です
Amazon.co.jpのカートに入れる
発送可能時期:在庫あり。
トラックリスト
  1. So What
  2. Plan B
  3. Pork-U-Pine
  4. Seasons
  5. Trouble Man
  6. Grease Monkey
  7. Hot Rod Honeymoon
  8. Line Dancing With Monkeys
  9. JB's Blues
  10. Pay Me No Mind
  11. My Thing
  12. Bulgaria
  13. Why Lord Oh Why?
Yahoo!ショッピング
【輸入盤】Jeff/ジェフ・ベック
ストア:BOOKOFF Online ヤフー店
在庫あり
¥500
ジェフ・ベック JEFF BECK JEFF
ストア:ディスクユニオン北浦和店
在庫あり
¥850
送料無料
ジェフ・ベック JEFF BECK JEFF
ストア:ディスクユニオン立川店
在庫あり
¥1,100
送料無料
エディターレビュー
伝説のギターの神様ジェフ・ベックを“移り気”と呼ぶのは、この言葉に公平ではない――そして伝説そのものにも。この熱狂的なベッコロジー最新作はルーズなテクノ指向の三連祭壇画に思える。先輩たちと作ったのだが、もちろん月桂樹の冠をつけているのはギタリスト本人。とにかく、彼は『You Had It Coming』のプロデューサー、アンディ・ライトとのコラボレーションを続け、スプラッターセルのデヴィッド・トーン、アポロ440の協力で意外性のあるすばらしい音を得て、本作品はベックのもっとも迫力があり――意図的に変化したとしても――音楽の将来の衝撃を集めたアルバムのひとつとなっている。上品でオーケストラがバックについた伝統的なフォークの「Bulgaria」、内省的な小休止の「Line Dance with Monkey」そして「JB's Blues」を聞いてみよう。このギタリストはここでは伝統的な情景には関心がないように聞こえ、代わりに独創的な動乱を生みだしている。この世のものとは思えないメタリックな音色、そして聞き慣れない様式のギターを鳴らすとがった「Trouble Man」、催眠術効果のあるグルーヴ「So What」、そしてトーン風のメロディックなミニマリズムの「Plan B」。「Grease Monkey」と「Hot Rod Honeymoon」では、アポロ440が遊び心いっぱいに、ベックの悪名高い車フェチぶりをレトロなサンプルの皮肉な音の折り紙にして、緊張感のあるエレクトロのリズムを聞かせている。後者はベックのネオ・カントリー風の比類なきスライド奏法がハイライト。この曲はビーチ・ボーイズのドライヴ曲を真似たようにも思えるが、その喚起力には伸すタリジックは皆無で、ハードエッジのある雰囲気になることも多い。このアルバムは“ベック・トゥ・ザ・フューチャー”とサブタイトルをつけるべきだった。(Jerry McCulley, Amazon.com)
Amazonレビュー
amazon検索