Lipstick Traces - A Secret History of Manic Street Preachers

定価:
マーケットプレイス価格:¥ 735 (税込)

レーベル:Sony Bmg Europe
カテゴリ:CD
JAN:5099751238621
Amazon.co.jp 売上ランキング:音楽で84395位

[ Amazonの詳細ページへ ]
この商品は購入可能です
Amazon.co.jpのカートに入れる
発送可能時期:通常1~2営業日以内に発送
トラックリスト
  1. Prologue To History
  2. 4 Ever Delayed
  3. Sorrow 16
  4. Judge Yr'self
  5. Socialist Serenade
  6. Donkeys
  7. Comfort Comes
  8. Mr Carbohydrate
  9. Dead Trees And Traffic Islands
  10. Horses Under Starlight
  11. Sepia
  12. Sculpture Of Man
  13. Spectators Of Suicide
  14. Democracy Coma
  15. Strip It Down Live
  16. Bored Out Of My Mind
  17. Just A Kid
  18. Close My Eyes
  19. Valley Boy
  20. We Her Majesty's Prisoners
エディターレビュー
   マニック・ストリート・プリーチャーズのB面曲、レア・トラック、カヴァー曲を収めた意外なコレクション『Lipstick Traces』は、時には表紙を見て本の中身を判断したって構わないという証明だ。このコレクションの場合、表紙=ジャケットは派手なヒョウ皮模様で、口紅で書いたような赤いタイトルをあしらったもの――いかにもマニックスらしいデザインなのだ。本作は批評家とファンに向けられた大胆な(遅すぎたにせよ)目くばせといえるかもしれない。まるで、魂の抜けたヒット・ソング集のようだった『Forever Delayed』の埋め合わせを本作でしようとしているかのようなのだ。ここには、あの支離滅裂で野獣のごときマニックスの別な一面が――すなわち、切迫したブラッドフィールドの叫びと切れ味鋭い歌詞がある。つまり、彼らがみんなから愛されるようになった理由がここにあるわけだ。

   本作のスタートを飾るのはピアノ主体の情熱的でロックな「Prologue to History」。マニックスの素晴らしさを1曲に凝縮するとこうなる、という見本だ。続いてB面曲がさらに19トラックも並ぶ(未発表曲「4 Ever Delayed」――朗々と響くアンセムだ――およびパンクっぽくエッジの効いた「Judge Yr'self」も含む)。といっても、「The Drowners」は入っていないし(『The Holy Bible』の時期がまたしても見落とされている)、「Patrick Bateman」が外されているのも気になるところではあるが、今回の内容にケチをつけられるのは気難しい筋金入りのファンぐらいのものだろう。カヴァー曲については、マニアックなトリビュートと突拍子もない奇演の両方がある――「Train in Vain」(お見事!)と「Raindrops Keep Falling on My Head」(どう考えても失敗)だ。しかしながら、35曲のマニックス・チューンを厳選した本作が良質なコレクションであることに変わりはない。聴き逃し厳禁のチューンがズラリとそろっている。(Cortman Virtue, Amazon.co.uk)

Amazonレビュー


ライフログ - この商品を登録しているブログ
amazon検索