極道恐怖大劇場 牛頭 [DVD]

脚本 佐藤佐吉
定価:¥ 5,076
マーケットプレイス価格:¥ 6,200 (税込)

販売元:クロックワークス
カテゴリ:DVD
JAN:4988102905118
Amazon.co.jp 売上ランキング:DVDで167718位

[ Amazonの詳細ページへ ]
Yahoo!ショッピング
牛頭/哀川翔,吉野きみ佳,曽根英樹,石橋蓮司,三池崇史(監督),佐藤佐吉(脚本)
ストア:BOOKOFF Online ヤフー店
在庫あり
¥2,280
条件付
送料無料
中古DVD/牛頭/邦画
ストア:ドラマYahoo!店
¥2,574
条件付
送料無料
中古DVD/牛頭/邦画
ストア:ドラマ書房Yahoo!店
¥2,574
条件付
送料無料
エディターレビュー
   三池崇史が監督した長編映画だが、その表現の過激さ故、劇場公開が見送られ、ビデオ、DVDのみのリリースとなった。また2003年に開催された第56回カンヌ国際映画祭「監督週間」において上映され、賛否両論を巻き起こした。
   字廻組構成員であるヤクザの南(曽根英樹)は、最近奇行が目立つ兄貴分の若頭・尾崎(哀川翔)をうっかり殺してしまう。途方に暮れた南が目を離したすきに死体は消えてしまい、それをきっかけにしたかのように南の周囲に奇妙な事件が次々と発生する。ついには地獄の番人・牛頭が出現。目覚めた南の股間に、死んだはずの尾崎からの「処分場で待つ」とのメッセージが入っていた。
   冒頭の、チワワを撲殺する哀川翔から始まり、全編不気味で恐怖感を煽る描写のつるべ打ち。確かに三池監督のタッチが色濃く出た作品と言えるが、必然性なく、ただいたずらにそうした描写を楽しんでいるだけにも見えてしまう。それでもこの作品が2時間9分という上映時間を一気に見せ切ってしまうのは、人間が本質的に持つ不安感と破壊願望を刺激してやまないからだろうか。(斉藤守彦)
Amazonレビュー


ライフログ - この商品を登録しているブログ
amazon検索