Closer

定価:
マーケットプレイス価格:¥ 618 (税込)

レーベル:Reprise / Wea
: Windows 8
カテゴリ:CD
:2031484
JAN:0093624845027
Amazon.co.jp 売上ランキング:音楽で19957位

[ Amazonの詳細ページへ ]
この商品は購入可能です
Amazon.co.jpのカートに入れる
発送可能時期:在庫あり。
トラックリスト
  1. Oceano
  2. My Confession
  3. Mi Mancherai - (featuring Joshua Bell)
  4. Si Volvieras A Mi
  5. When You Say You Love Me
  6. Per Te
  7. All Improvviso Amore
  8. Broken Vow
  9. Caruso
  10. Remember When It Rained
  11. Hymne A L'Amour
  12. You Raise Me Up
  13. Never Let Go - (featuring Deep Forest)
エディターレビュー
   才能と運命の思いがけないめぐり合わせによって、22歳のジョシュ・グローバンはパフォーマンス・アートの勉強を最終学年で中断し、代わりにメジャー・レーベルからの第2弾アルバムとなる本作『Closer』をリリースした。この若き奇才ヴォーカリストのデビュー・アルバム『Josh Groban』を気に入ったリスナーなら、本作も大いに楽しめるだろう。とはいえ、グローバンはプロデューサーであり恩師でもあるデヴィッド・フォスターのMOR的なポップ・センスに少しずつ近づいている。従来のようなストレートなライト・クラシックとか、ポップスやロックのカバーを避けて、ヨーロピアン・テイストのドラマティックなバラードを多く取り上げたことで、グローバンの魅力的なバリトンが際立つことになった。クロスオーヴァー路線をひた走るアンドレア・ボチェッリやラッセル・ワトソンに対して、グローバンは賢明にもアメリカン・オルタナティヴという立場を取って見せた。

 「Caruso」は曲自体の持つオペラ的な性格がうまく伝わってこないうらみが残るが、「Oceano」と「My Confession」はグローバンのドラマティックな表現力をありありと示す出来だ。彼にはぜひとも本格的なブロードウェイ・ミュージカルに挑戦してもらいたいところである。ルイス・バカロフの作曲による映画『イル・ポスティーノ』のテーマ曲は、クラシック界の大物ジョシュア・ベルのヴァイオリンをフィーチャー。その効果は絶大だ。ベルの参加を得たことで、グローバンはある種の円熟味を身につけた。ビタースウィートな「Per Te」や「Remember When It Rains」といった、グローバン自身がソングライティングに関わったナンバーを聴けば、それは明らかだろう。一方、ディープ・フォレストによる「Never Let Go」のアンビエントかつエスニックなサウンドスケープは、メロドラマティックな雰囲気が濃厚な本作にユーモラスな味わいを添えている。フォスターに導かれて、グローバンは商業的な大成功を手にした。しかし、まだ彼はアーティストとして充分な自己主張をしていないという感じがする――今のところは。(Jerry McCulley, Amazon.co.uk)

Amazonレビュー


ライフログ - この商品を登録しているブログ
amazon検索