Hits

定価:
マーケットプレイス価格:¥ 1,109 (税込)

レーベル:EMI Europe Generic
カテゴリ:CD
:MSE183438
JAN:0724359523729
Amazon.co.jp 売上ランキング:音楽で193117位

[ Amazonの詳細ページへ ]
この商品は購入可能です
Amazon.co.jpのカートに入れる
発送可能時期:通常1~2営業日以内に発送
トラックリスト
Disc : 1
  1. Solsbury Hill (2002 Digital Remaster)
  2. Shock The Monkey (Edit) (2002 Digital Remaster)
  3. Sledgehammer (2002 Digital Remaster)
  4. Don't Give Up (2002 Digital Remaster)
  5. Games Without Frontiers (2002 Digital Remaster)
  6. Big Time (2002 Digital Remaster)
  7. Burn You Up, Burn You Down
  8. Growing Up (Tom Lord-Alge Remix)
  9. Digging In The Dirt (2002 Digital Remaster)
  10. Blood Of Eden (Radio Edit) (2003 Digital Remaster)
  11. More Than This (Radio Edit)
  12. Biko (2002 Digital Remaster)
  13. Steam (2002 Digital Remaster)
  14. Red Rain (2002 Digital Remaster)
  15. Here Comes The Flood (2002 Digital Remaster)
Disc : 2
  1. San Jacinto (2002 Digital Remaster)
  2. No Self-Control (2002 Digital Remaster)
  3. Cloudless
  4. The Rhythm Of The Heat (2002 Digital Remaster)
  5. I Have The Touch (Remix)
  6. I Grieve
  7. D.I.Y. (2002 Digital Remaster)
  8. A Different Drum (2002 Digital Remaster)
  9. The Drop
  10. The Tower That Ate People (Radio Edit Mix)
  11. Lovetown (2003 Digital Remaster)
  12. Father, Son
  13. Signal To Noise
  14. Downside-Up (Live)
  15. Washing Of The Water (2002 Digital Remaster)
エディターレビュー
   ピーター・ガブリエルの最盛期のトラックをCD2枚に厳選したこのコンピレーション盤は、これまで唯一のベスト盤だった前作、1990年の『Shaking the Tree』を曲数の面ではるかに上回っている。なんと言っても本作の魅力はその細部にある。

   ディスク2(「Miss」という控え目なタイトルが付けられている)では、アーティストとして世界的な視点を持つガブリエルの全貌をとらえている。そして最近のサントラ盤(『Rabbit Proof Fence』の忘れがたい「Cloudless」)をはじめ、2002年の優れたアルバム『Up』の収録曲(故ヌスラット・ファテ・アリ・ハーンの感動的なヴォーカルと不気味なストリングスのアレンジをフィーチャーした「Signal To Noise」はまさに、考える人のための音楽であるマッシヴ・アタックのようだ)や、あの4作目などをたどっている。4作目で聴けるシンセサイザーを用いた冷たく控え目なニューウェーヴと、執拗なアフリカのパーカッションを結びつけたサウンドは、(当時)優れたアイディアに思われた。

   ディスク1に収録されているのは、MTVで大ヒットした「Sledghammer」、反アパルトヘイト闘争の叫び「Biko」、「Big Time」(ガブリエルと、彼が以前所属したジェネシスのスタイルがこの時点で同じ方向に向かっていたのは興味深い)、「Games Without Frontiers」といったトラックだ。聴けばおわかりのとおり、今になってみればガブリエルのレコードをシングルだけそろえていたリスナーは、彼のほんの一端しか味わっていなかったように思える。

   どこをとってもすばらしいこのコレクションの価値をさらに高めているのが、3つの未発表トラックだ。「Downside Up」のライヴテイク、「Blood of Eden」の短めのヴァージョン、それに『Up』に収録予定だったが最終的に外され、のちにTVゲームに収録された「Burn You Up, Burn You Down」の3曲だ。(Kevin Maidment, Amazon.co.uk)

Amazonレビュー


amazon検索