スネークマンショー・アンソロジー

定価:¥ 4,320
マーケットプレイス価格:¥ 3,800 (税込)

レーベル:ユニバーサル インターナショナル
カテゴリ:CD
JAN:4988005353726
Amazon.co.jp 売上ランキング:音楽で37389位

[ Amazonの詳細ページへ ]
この商品は購入可能です
Amazon.co.jpのカートに入れる
発送可能時期:在庫あり。
トラックリスト
Disc : 1
  1. (ギャグ)成田第13機動隊 (BGM: Billy Vaughn / Blue Hawaii)
  2. James Brown / It's A Man's Man's Man's World
  3. (ギャグ)青白い狼
  4. Kid Creole & The Coconuts / I'm A Wonderful Thing, Baby
  5. (ギャグ)盗聴エディ
  6. Kool & The Gang / More Funky Stuff
  7. (ギャグ)ニュースの時間
  8. Sergio Mendes & Brasil '66 / Tim Dom Dom
  9. (ギャグ)あなたは名探偵
  10. Lewis Furey / Hustler's Tango
  11. (ギャグ)越谷カントリークラブ
  12. Jimmy Cliff / Sooner Or Later
  13. (ギャグ)ホテルニュー越谷 (BGM: Paul Mauriat / Penelope)
  14. Marvin Gaye / I Want You
  15. (ギャグ)ジャンキー大山 / コナサンミンバンワ
  16. Barry White / Never, Never Gonna Give You Up
  17. (ギャグ)青白い狼 2
Disc : 2
  1. (ギャグ)Let's Enjoy Olympic
  2. Marvin Gaye / Mercy Mercy Me (The Ecology)
  3. (ギャグ)楽しい料理
  4. The Tubes / Prime Time
  5. (ギャグ)じゃんけん
  6. Maceo & The Macks / Soul Power '74
  7. (ギャグ)歌の教室 (歌: (I Can't Get No) Satisfaction)
  8. Ricky Nelson / Fools Rush In
  9. (ギャグ)ラジオショッピング 1 (BGM: Paul Mauriat / Penelope)
  10. (ギャグ)ラジオショッピング 2 (BGM: Paul Mauriat / Penelope)
  11. (ギャグ)ラジオショッピング 3 (BGM: Paul Mauriat / Penelope)
  12. (ギャグ)刑事コロンダ (BGM: Love Unlimited Orchestra / Love's Theme)
  13. Barry White / Baby We Better Try And Get It Together
  14. (ギャグ)解りやすい英会話
  15. James Brown / It's Too Funky In Here
  16. (ギャグ)明るいラジオ
  17. Jermain Jackson / Daddy's Home
  18. (ギャグ)Christmas News (BGM: Bing Crosby / Silent Night)
  19. Brenda Lee / If You Love Me
  20. (ギャグ)日本はいい国 (BGM: 高田浩吉 / 伊豆の佐太郎)
  21. Jackson 5 / Never Can Say Goodbye
エディターレビュー
   度重なる発売延期を経てようやくリリースされた、スネークマンショーの決定版的アンソロジー。残された膨大な未発表ギャグを中心に、音楽とギャグが交互に出てくる定番パターンで新たに編集されている。

   まずギャグの方は、「盗聴エディ」「ホテルニュー越谷」「ジャンキー大山」など往年の代表的作品が網羅されているが、いずれもこれが初出の未発表バージョンだ。たとえば「盗聴エディ」はエディの声のテンションが低かったり、「ホテルニュー越谷」もナレーションの内容が異なるなど、オリジナルを熟知したファンでも一聴の価値あり。ほかの未発表ギャグも厳選された傑作ぞろい。間に挟まれた音楽は、ジェイムス・ブラウンやマーヴィン・ゲイら60~70年代のソウル~ファンクが中心で、ブラックな笑いとクールなグルーヴがぴったりと合致している。80年代の回顧ではなく、今の視点を盛り込んで制作されているところが彼ららしく、アンソロジーとはいえ新作と呼んでもいいほどの充実した作品だ。(小山 守)

Amazonレビュー


amazon検索