マーガリン・エクリプス

定価:¥ 2,592
マーケットプレイス価格:¥ 3,780 (税込)

レーベル:ワーナーミュージック・ジャパン
カテゴリ:CD
JAN:4943674049561
Amazon.co.jp 売上ランキング:音楽で289042位

[ Amazonの詳細ページへ ]
この商品は購入可能です
Amazon.co.jpのカートに入れる
発送可能時期:在庫あり。
トラックリスト
  1. ヴォナール・デクロジオン
  2. ニード・トゥ・ビー
  3. “...サドゥン・スターズ”
  4. コズミック・カントリー・ノワール
  5. ラ・ドゥムール
  6. マーガリン・ロック
  7. ザ・マン・ウィズ・100セルズ
  8. マーガリン・メロディ
  9. ヒルビリー・モーターバイク
  10. ラ・スピラル (日本盤ボーナス・トラック)
  11. フィール・アンド・トリプル
  12. ボップ・スコッチ
  13. ディア・マージ
エディターレビュー
   ステレオラブの『Margerine Eclipse』でもっとも素晴らしいのは、とにかくすごい驚きを味あわせてくれるという点だ。単に出来がいいだけの作品ではない――ステレオラブは今までにも優れたアルバムを何枚も制作してきた。しかし、1996年の名盤『Emperor Tomato Ketchup』以降の彼らは、エキゾティックなラウンジ・ポップと先鋭的なクラウトロックを融合させたそれまでのサウンドを解体・脱構築し、エレクトリックな霧に覆われた作品群を生み出している。美しいが、冷たくて人を寄せ付けない音楽だった。本作は、それらとは正反対のショックをもたらしてくれる。作り手の底抜けの温かさに包まれているうちに、優しい騒音やゴミゴミとした響きに恋してしまいそうになるのだ。

   テスト・パターンのようなベース・ラインとお茶目なビート・マシンに支えられたタイトル・トラックは、ふわふわと漂った後にメイン・グルーヴへとなだれ込むが、ビタースウィートな結末と共に静かに消えていく。それじゃあステレオラブの他の曲と変わらないって? でも、今回はムダがなく、ダイナミックで、生き生きとしている――そう、シンプルな魅力があるのだ。(Matthew Cooke, Amazon.com)

Amazonレビュー


ライフログ - この商品を登録しているブログ
amazon検索