The Triplets of Belleville

作曲 Benoît Charest
定価:
マーケットプレイス価格:¥ 2,625 (税込)

レーベル:Higher Octave
カテゴリ:CD
JAN:0724359681122
Amazon.co.jp 売上ランキング:音楽で136963位

[ Amazonの詳細ページへ ]
この商品は購入可能です
Amazon.co.jpのカートに入れる
発送可能時期:在庫あり。
トラックリスト
  1. Under the Bridge
  2. Belleville Rendez-Vous (French Version)
  3. Opening Theme
  4. Cabaret Opening
  5. Tour de France
  6. Attila Marcel
  7. Bruno's Theme
  8. Easy, Bruno, Easy
  9. Belleville Rendez-Vous (Demo)
  10. French Mafia Theme
  11. Jazzy Bach
  12. Cabaret Hoover
  13. Belleville Jungle
  14. "Cieco Cieco" Barber
  15. Pa Pa Pa Palavas
  16. The Return of the French Mafia
  17. The Shadowing
  18. The Chase
  19. Belleville Rendez-Vous (English Version)
この商品を買った人はこんな商品も買っています
エディターレビュー
イギリス人アニメ作家ジェラルド・スカーフィと同じくらい多様なアイディアにあふれていて、しかも、30年代ワーナーで活躍したテックス・アベリーのアニメのような古めかしいけど、シュールではらはらする誘拐アニメフィルムを見ようと列に並んだ。そして、フランス人脚本家であり映画監督のシルヴァン・ショメの作品は最近では一番すばらしいアニメ映画だった。オリジナル曲から、映画挿入歌をあらたに制作するのは簡単ではない。しかし、音楽担当のブノワ・シャレストは、これぞとばかりこの機会を多いに活用した。ワーナーやディズニーのアニメの伝説的人物、カール・スターリングのコメディタッチのミュージカルに全く新しい形で、ふたたび命を与えたのだ。というのも、挿入曲はヒップ・ホップにはじまり、ジャン・セバスチャンとクレジットして、ジャズ風バッハを演奏、さらにはイタリアンオペラから寄せ集めて作曲された散髪屋{チェコチェコ}、果ては60年代のサーフロックからはパ・パ・パ・パラウァスになり、そのすべての曲は戦前のパリを席巻した「ル・ホット・ジャズ」からおおきな影響を受けている。しかし、この観念的なごっちゃまぜだけが、シャレストの持ち味ではない。なぜなら、彼はジャンゴのギターと自転車の車輪や冷蔵庫の棚やら、掃除機の音やら色々な発見から見つかった音を使って、挿入曲に色々なアイディアを注ぎ入れているからなのだ。「サムウェア」と台所の流し台の音をミックスさせたりしたにちがいない。彼は、伝統をしっかり踏襲しながらも、近年で最も称賛に値する映画音楽創作に成功したと言えるだろう(ジェリー・マッカリー, Amazon.com)
Amazonレビュー


ライフログ - この商品を登録しているブログ
amazon検索