Tokyo

演奏 Akiko Grace , その他 アキコ・グレース , 演奏 藤原清登 , 演奏 岩瀬立飛 , 演奏 中西俊博 , 演奏 藤原道山 , 演奏 金原ストリングス
定価:
マーケットプレイス価格:¥ 840 (税込)

レーベル:日本コロムビア
カテゴリ:CD
JAN:4988001975236
Amazon.co.jp 売上ランキング:音楽で312781位

[ Amazonの詳細ページへ ]
この商品は購入可能です
Amazon.co.jpのカートに入れる
発送可能時期:通常1~2営業日以内に発送
トラックリスト
  1. Prelude-Kagome Kagome (short version)
  2. 東京狂詩曲
  3. 春咲小紅
  4. 悠久の路
  5. 記憶
  6. In Front of the Skywheel
  7. Donna Lee
  8. おぼろ月夜
  9. 島唄
  10. KUROSAWA
  11. Giant Steps
  12. Calmness
  13. 最初の光|飛翔
  14. Kagome Kagome (long version)
エディターレビュー
オリジナル7曲のほか、矢野顕子の「春咲小紅」やThe Boomの「島唄」をカバー、さらに童謡やチャーリー・パーカー、ジョン・コルトレーンの曲も演奏していて、その多彩な選曲にまずはびっくり。ニューヨーク3部作に続く本作のテーマは“和”だそうで、言われてみればなるほどと合点。メンバーも国産、ベースは藤原清登、ドラムスは岩瀬立飛という布陣で、曲によっては、藤原道山の尺八や中西俊博のヴァイオリンも加わる。 オリジナルも黒澤明監督にちなんだ曲や東京をイメージした曲など、和のムードがいっぱいだ。こういうコンセプトは日本人ならではのものだろう。しかし、これがデビュー作でなくてよかった。もしデビュー作をこういうコンセプトで作るとキワモノ扱いされかねないが、ニューヨーク3部作で自身の音楽性と実力を天下に知らしめたあとなので、なんの違和感・抵抗感もなく、すんなりと受け入れられる。和をテーマにしても、わざとらしさがないのがいい。わらべ歌からはじまってわらべ歌で終わる構成もなかなかこころ憎い。(市川正二)
Amazonレビュー
amazon検索