死ぬまでにしたい10のこと [DVD]

出演・声の出演 イザベル・コヘット , 出演・声の出演 ジャン・クロード・ラリュー
定価:¥ 5,076
マーケットプレイス価格:¥ 3,500 (税込)

販売元:松竹
カテゴリ:DVD
JAN:4988105028371
Amazon.co.jp 売上ランキング:DVDで69867位

[ Amazonの詳細ページへ ]
この商品は購入可能です
Amazon.co.jpのカートに入れる
発送可能時期:在庫あり。
Yahoo!ショッピング
中古DVD/死ぬまでにしたい10のこと/洋画
ストア:ドラマ書房Yahoo!店
在庫あり
¥1,058
条件付
送料無料
中古DVD/死ぬまでにしたい10のこと/洋画
ストア:ドラマYahoo!店
在庫あり
¥1,058
条件付
送料無料
(レンタル版) (洋画) 死ぬまでにしたい10のコト /DVD (管理:REN51882)
ストア:コレクションモール
在庫あり
¥1,299
条件付
送料無料
エディターレビュー
   23歳という若さで、がんで余命2か月と宣告されたアン。彼女はやり残したことをノートに10コ、書き留める。オシャレのこと、ふたりの娘のこと、そして夫以外の男と付き合ってみること…。リストを作ったときから、アンの平凡だった人生がイキイキと動きだした。
   死を目前にしながらも、その事実を誰にも明かさず、リストを作って実行していくことで、死の恐怖を回避し、幸せで甘い幕切れを求めるアン。自分の不運な運命を知っても、決して動揺せずに、残り少ない人生を最上のものにしようとするヒロインの強さが感動的。この役をほぼスッピンの自然体で演じたのはサラ・ポーリー。彼女が好演があったからこそ、アンという女性の短い人生は美しくスクリーンに息づいたといっても過言ではない。難を言えば、愛人になる男性(マーク・ラファロ)が魅力薄だったこと。夫役のスコット・スピードマンの方が華があり、逆のキャスティングだったら、感動も倍増したかも。とはいえ、死に向かっていく女性の人生を実に丁寧につづったイザベル・コヘット監督(&脚本)の手腕は見事。ペドロ・アルモドバルが彼女の才能に魅了され、製作を買って出たのも納得の映画である。(斎藤 香)
Amazonレビュー


amazon検索