The Girl In The Other Room

演奏 アンソニー・ウィルソン , 演奏 クリスチャン・マクブライド , 演奏 ジョン・クレイトン , 演奏 ニール・ラーセン , 演奏 ピーター・アースキン , 演奏 ジェフ・ハミルトン , 演奏 テリ・リン・キャリントン
定価:¥ 2,621
マーケットプレイス価格:¥ 2,490 (税込)

レーベル:ユニバーサルクラシック
カテゴリ:CD
JAN:4988005358301
Amazon.co.jp 売上ランキング:音楽で157397位

[ Amazonの詳細ページへ ]
この商品は購入可能です
Amazon.co.jpのカートに入れる
発送可能時期:在庫あり。
トラックリスト
  1. ストップ・ジス・ワールド
  2. ジ・ガール・イン・ジ・アザー・ルーム
  3. テンプテーション
  4. オールモスト・ブルー
  5. アイヴ・チェンジド・マイ・アドレス
  6. ラヴ・ミー・ライク・マン
  7. アイム・プリング・スルー
  8. ブラック・クロウ
  9. ナロウ・デイライト
  10. アバンダンド・マスカレード
  11. アイム・カミング・スルー
  12. 出発 (たびだち) のベイ
  13. アイル・ネヴァー・ビー・ザ・セイム
  14. サムタイムズ・アイ・ジャスト・フリーク・アウト
エディターレビュー
   エルヴィス・コステロとの結婚はダイアナ・クラールにとって、単なる私生活上の出来事ではなく、音楽的にも深い意味があったことをこの作品が物語っている。これまでスタンダードを中心に歌ってきたダイアナが、このアルバムでは約半分の曲を自作、その多くをコステロと共作しているのだ。それに加えて、コステロの代表曲「オールモスト・ブルー」まで歌っている。ほかにもトム・ウェイツやジョニ・ミッチェル、モーズ・アリソンの曲も取り上げられていて、これほどはっきりコステロ色が出ているのに驚きだ。

   ここに聴かれるダイアナはコステロ的というかシンガー・ソングライター的というか、これまでとはひと味違ったスタンスで、新たな魅力を打ち出しているのが印象的。ブルース調のナンバーが多いこともあって、全体にブルーなムード/カラーで統一されている。ボーナス・トラックが2曲追加されているので、日本盤のほうがお買い得です。(市川正二)

Amazonレビュー


ライフログ - この商品を登録しているブログ
amazon検索