ザ・ビートルズ ファースト U.S.ヴィジット [DVD]

定価:¥ 5,028
マーケットプレイス価格:¥ 3,800 (税込)

販売元:EMIミュージック・ジャパン
カテゴリ:DVD
JAN:4988006947733
Amazon.co.jp 売上ランキング:DVDで88870位

[ Amazonの詳細ページへ ]
この商品は購入可能です
Amazon.co.jpのカートに入れる
発送可能時期:在庫あり。
トラックリスト
  1. オール・マイ・ラヴィング
  2. ティル・ゼア・ウォズ・ユー
  3. シー・ラヴズ・ユー
  4. 抱きしめたい
  5. アイ・ソー・ハー・スタンディング・ゼア
  6. アイ・ウォナ・ビー・ユア・マン
  7. シー・ラヴズ・ユー
  8. フロム・ミー・トゥ・ユー
  9. ジス・ボーイ
  10. オール・マイ・ラヴィング
  11. ツイスト・アンド・シャウト
  12. プリーズ・プリーズ・ミー
  13. 抱きしめたい
エディターレビュー
   リチャード・レスターの『ハード・デイズ・ナイト』のファンならだれでも、このアルバート・メイスルズとデイヴィッド・メイスルズによるドキュメンタリー、『ザ・ビートルズ:ファースト U.S.ヴィジット』は見逃せないだろう。1964年2月、ビートルズの初渡米に密着したメイスルズ兄弟は、コンサート風景やいまだ語り継がれる歴史的初出演となったかのエド・サリバン・ショーの様子をくまなく撮影する栄誉を与えられた。この年の後になって公開された『ハード・デイズ・ナイト』のように、この映画(『What’s Happening! The Beatles in the U.S.A.』としても知られている)にも、報道陣やファンに対する彼らの嫌味のない生意気さや、自分たちが引き起こした大混乱を見て目を丸くして驚く様子や、ホテルの狭い部屋いっぱいにふざけて回る様子、そしてレスターの映画にも登場しそうな通勤電車でぼんやり過ごすシーンやナイトクラブで流行の最先端のダンスを披露するシーンが収録されている。唯一出てこないのは、ポールのおじいさんくらいである。

   演奏シーンだけでもファンには必見だ。3回にわたるエド・サリヴァン・ショーの出演は、当時の彼らのヒット曲満載だ。「All My Loving」「I Saw Her Standing There」、ジョン・レノンが美しい歌声をきかせる「This Boy」、レノンとポール・マッカートニーがうまくハモれなくて苦戦するのを見て今にも大笑いしそうなジョージ・ハリソンが映っているぎこちないヴァージョンの「I Saw Her Standing There」などが収録されている。ピンぼけで音も悪いワシントン・コロシアムのコンサート映像では、ビートルズが地方公演のマネージャーになったふりをして機材をセット・アップしている。リンゴ・スターのドラムセットがのっている土台は、ビートを打つたびに不気味に傾いていくのだが…。確かに、このころは彼らがより純粋で生気に満ちあふれていた時代だった。この愉快なドキュメンタリーは、あのビートルズ現象は起こるべくして起こったことだと雄弁に物語っている。(Anne Hurley, Amazon.com)
Amazonレビュー
カテゴリ
amazon検索