スピーク・ライク・ア・チャイルド

演奏 ハービー・ハンコック , 演奏 ロン・カーター , 演奏 ミッキー・ローカー , 演奏 サド・ジョーンズ , 演奏 ピーター・フィリップス , 演奏 ジェリー・ドジオン
価格:¥ 4,990 (税込)
レーベル:EMIミュージック・ジャパン
カテゴリ:CD
JAN:4988006820234
Amazon.co.jp 売上ランキング:音楽で113611位

[ Amazonの詳細ページへ ]
トラックリスト
  1. ライオット
  2. スピーク・ライク・ア・チャイルド
  3. ファースト・トリップ
  4. トイズ
  5. グッドバイ・トゥ・チャイルドフッド
  6. ザ・ソーサラー
エディターレビュー
    ハービー・ハンコックは、多彩な能力をもったミュージシャンだ。そのため、アルバムによって内容が一変する。1968年録音の本作は、新主流派の新人として期待が高まっていた時代の作品である。

   ピアノ・トリオを中心に据え、その背後にフリューゲルホーン、ベース・トロンボーン、アルト・フルートの3管アンサンブルを配している。これでトリオ演奏をより美しく引き立たせている、一種のコンセプト・アルバムだ。その意味でピアニストとしてはもちろん、アレンジャーとしても存分に能力を発揮した作品といえる。中低音を使ったハイブロウなホーン・アンサンブルは、どこかギル・エヴァンスに通じるテイストだ。ハービーは当時マイルス・ディヴィスのバンドに在籍していたので、マイルス経由でギルの手法をマスター、それを自己流に表現した成果が本作というわけだ。

   一流のミュージシャンが名を連ねているが、ソロをとるのはハービーだけ。曲は、ロン・カーターの1曲以外はすべてハービーのオリジナル。子どもの世界をテーマにしていることもあり、ピュアでロマンティックな作品だ。(市川正二)

Amazonレビュー
amazon検索