渚のシンドバッド [DVD]

脚本 橋口亮輔
定価:¥ 5,184
マーケットプレイス価格:¥ 4,010 (税込)

販売元:東宝
カテゴリ:DVD
JAN:4988104022479
Amazon.co.jp 売上ランキング:DVDで79320位

[ Amazonの詳細ページへ ]
この商品は購入可能です
Amazon.co.jpのカートに入れる
発送可能時期:在庫あり。
エディターレビュー
   青春。夏。恋。友情。孤独。映画のでは使い古された、ある意味“クサすぎる”テーマに、これほどまでに優しく寄り添い、登場人物の切ない心情をすくいとった作品は少ない。そして年月が経っても、その色は褪せることがない。まさに青春映画の傑作である。一貫してゲイを題材に作品を撮り続ける橋口亮輔監督なので、本作の主人公、伊藤クンも同級生の男子にあこがれる。対象となる吉田は、優等生の清水彩子と微妙な関係。そんな伊藤と吉田の様子に興味を持った転校生の相原果沙音が、彼らの間に波風を立てていく。
   恋なのか、あこがれなのか、嫌いなのか。登場人物の曖昧な心がそのまま描かれることで、教室での男同士のキスシーンも、笑いを誘いながらどこか崇高な雰囲気を漂わせる。多くの人が、主要人物6人の誰かに自分を重ね合わせてしまうのは、キャラ設定のうまさだろう。まぶしい光、青い海など夏の映像も効果的。果沙音役は浜崎あゆみだが、心の陰を隠す名演技で、ぜひ女優業にカムバックしてほしい! そして伊藤役、岡田義徳。夏の終わりに一瞬みせる、満ち足りた彼の表情は永遠に忘れがたい。秋の風とともに、少年は大人になるのだ。(斉藤博昭)
Amazonレビュー


ライフログ - この商品を登録しているブログ
amazon検索