オレンジデイズ 第5巻 [DVD]

脚本 北川悦吏子
価格:¥ 4,751 (税込)
販売元:TBS
カテゴリ:DVD
JAN:4935228032204
Amazon.co.jp 売上ランキング:DVDで56029位

[ Amazonの詳細ページへ ]
Yahoo!ショッピング
中古DVD/オレンジデイズ 第5巻/ドラマ
ストア:ドラマYahoo!店
¥1,058
条件付
送料無料
中古DVD/オレンジデイズ 第5巻/ドラマ
ストア:ドラマ書房Yahoo!店
¥1,058
条件付
送料無料
オレンジデイズ 第5巻 (DVD) / (管理:57578)
ストア:コレクションモール
¥1,233
条件付
送料無料
この商品を買った人はこんな商品も買っています
エディターレビュー
   人生の岐路に立つ5人の大学4年生たちが織りなす甘くせつないオレンジな日々をつづった青春グラフィティ。
   就職活動に苦戦中の櫂(妻夫木聡)は、はじめから就職する気のない翔平(成宮寛貴)やすでに内定をもらっている啓太(瑛太)らと最後のキャンパスライフを送っている。構内でバイオリンを弾く沙絵(柴咲コウ)に一目惚れした奥手の啓太は、プレイボーイの翔平に頼んでデートをセッティングしてもらうのだが、沙絵が聾唖者だと知らされて逃げ出してしまう。櫂は仕方なくその代役として沙絵とデートすることになる。
   同じく北川悦吏子脚本作である『愛していると言ってくれ』のセルフパロディ的な要素も随所に見られるが、物語はむしろ平凡な若者たちの群像劇的な趣が強い。ヴァイオリニストとしての将来を期待されながら病気で聴力を失ってしまい、その道を閉ざされてしまってからは何につけても頑になってしまう沙絵。そんな薄幸のヒロイン像からは想像できないような、沙絵が使う手話には下品な言葉や挑発的な発言が盛りだくさんでちょっとビックリだが、プライドの高さはそのままにわがままで勝気という沙絵のキャラクターは、そのギャップゆえに櫂に心を開いていく過程ではいっそうチャーミングに映る。(麻生結一)
Amazonレビュー


ライフログ - この商品を登録しているブログ
amazon検索