Monkey Business (Dig)

定価:
マーケットプレイス価格:¥ 551 (税込)

レーベル:A&M
カテゴリ:CD
:2073401
JAN:0602498804803
Amazon.co.jp 売上ランキング:音楽で97072位

[ Amazonの詳細ページへ ]
この商品は購入可能です
Amazon.co.jpのカートに入れる
発送可能時期:在庫あり。
トラックリスト
  1. Pump It
  2. Don't Phunk With My Heart
  3. My Style
  4. Don't Lie
  5. My Humps
  6. Like That
  7. Dum Diddly
  8. Feel It
  9. Gone Going
  10. They Don't Want Music
  11. Disco Club
  12. Bebot
  13. Ba Bump
  14. Audio Delite At Low Fidelity
  15. Union
エディターレビュー
   前回のヒット作『Elephunk』同様に、ブラック・アイド・ピーズ(BEP)の新譜『Monkey Business』はヒップホップ、ロック、フォーク、ファンク、ポップのジャンルをミックスした多彩な作品となっている。BEPが様々なスタイルにまたがってオーディエンスを魅了する理由は、バンドのメンバーたち自身が様々な音楽の明らかなファンだからに違いない。また、『Monkey Business』ほど豪華なゲスト陣を迎えたアルバムもない。『Elephunk』からの大ヒット「Where Is the Love」ではジャスティン・ティンバーレイクを迎えたが、本作でも大物たちをスマートに、かつリスペクトしてバンドの一員に迎えている。「My Style」はティンバーレイクがBEPに参加した第2弾。曲はファンキーでポップなものだが、ジャスティンの声が前面に出ることを期待するファンは肩透かしをくらうだろう。今回は彼の声は平坦にミックスされて、甘くソウルフルなソロにはなっていない。

   他のゲスト陣は、素晴らしき「Gone Going」を共同で書いたジャック・ジョンソン、「Union」のスティング(元ポリスの彼が「Englishman in New York」に少々インスパイアされた)、そして「They Don't Want Music」は、ファンクの伝説ジェイムズ・ブラウン入魂の声が聞ける。前作から参加している女性ヴォーカルのファージーのお陰で、4人組になって2枚目、バンドの4thアルバムはぐっと幅が広がった。彼女が小粋に歌う「My Humps」、「Hey Mama」のような「Dum Diddly」、1stシングルの「Don't Phunk With My Heart」を通じて、ファージーがメロディーに貢献したお陰で本作品はより幅広いオーディエンスに聞かれることだろう。本当の意味で手に取りやすい“ヒップホップの”CDだ。(Denise Sheppard, Amazon.com)
Amazonレビュー
amazon検索