Late Registration

定価:
マーケットプレイス価格:¥ 680 (税込)

レーベル:Roc-a-Fella
カテゴリ:CD
:2073567
JAN:0602498824016
Amazon.co.jp 売上ランキング:音楽で65598位

[ Amazonの詳細ページへ ]
この商品は購入可能です
Amazon.co.jpのカートに入れる
発送可能時期:通常4~5営業日以内に発送
トラックリスト
  1. Wake Up Mr. West
  2. Heard 'Em Say
  3. Touch The Sky
  4. Gold Digger
  5. Skit #1 (Kanye West/Late Registration)
  6. Drive Slow
  7. My Way Home
  8. Crack Music
  9. Roses
  10. Bring Me Down
  11. Addiction
  12. Skit #2 (Kanye West/Late Registration)
  13. Diamonds From Sierra Leone
  14. We Major featuring Nas & Really Doe (7:28)
  15. Skit #3 (Kanye West/Late Registration)
  16. Hey Mama (5:05)
  17. Celebration
  18. Skit #4 (Kanye West/Late Registration)
  19. Gone
  20. Diamonds From Sierra Leone (Bonus Track)
  21. Late
エディターレビュー
カニエが2枚目のスランプにつきあたることを期待していたアンチ・カニエ派には、残念な1枚。『Late Registration』は去年の『College Dropout』の斬新さを再生することはできないが、はるかに手間暇をかけて熟成させたアルバムである。歌詞の面ではカニエはわずかしか進歩していないが、音楽的には、本作では極上の音を出している。特に、共同プロデューサーのジョン・ブライオンの参加で、楽曲の完成度に磨きがかかっている。マルーン5のアダム・レヴィーンをフィーチャーした「Heard 'Em Say」そして「Hey Mama」はソウルフルで豊かな質感をたたえているし、火花が散るようなエッジのある「Crack Music」、キャムロンをフィーチャーした「Gone」はストリート志向のリスナーにアピールしそうだ。駄作も数曲ある。ブランディをフィーチャーした粘っこく甘ったるい「Bring Me Down」がその最たるものだが、アルバム自体の質は高い。とても、とても高い。要するに、カニエを中傷する人にとっては、彼の魅力に対する抵抗が揺らぐことはないだろうが、1作目からの支持者ならば報われるだけでなく、新しいファンを獲得できるじゅうぶんな魅力が、『Late Registration』にはある。
Amazonレビュー
amazon検索