Amarantine

定価:
マーケットプレイス価格:¥ 1,437 (税込)

レーベル:Reprise / Wea
カテゴリ:CD
:2031751
JAN:0093624947424
Amazon.co.jp 売上ランキング:音楽で261939位

[ Amazonの詳細ページへ ]
この商品は購入可能です
Amazon.co.jpのカートに入れる
発送可能時期:在庫あり。
トラックリスト
  1. Less Than A Pearl
  2. Amarantine
  3. It's In The Rain
  4. If I Could Be Where You Are
  5. The River Sings
  6. Long Long Journey
  7. Sumiregusa
  8. Someone Said Goodbye
  9. A Moment Lost
  10. Drifting
  11. Amid The Falling Snow
  12. Water Shows The Hidden Heart
エディターレビュー
   冒頭に鳴り響く厚みのあるコーラスを耳にした瞬間から、『Amarantine』は独自のジャンルを作りあげたアイルランドの歌姫、エンヤの作品だとわかる。前作から5年の歳月が流れたが、『Amarantine』では時が止まったかのようだ。エンヤ、作詞担当のローマ・ライアン、プロデューサーのニッキー・ライアンの3人組は『Watermark』で完成させた、エンヤの声を豊かなコーラスに重ねて、つま弾かれるシンセ・ストリングス、魅力的なオーケストラの演奏、そしてハープシコードのアルペッジョを合わせる手法を用いている。

 「Less Than a Pearl」「Drifting」といった曲では、エンヤは時を忘れたかのようにゴシック的な詠唱と賛美歌を歌っている。「Less Than a Pearl」は、ローマ・ライアンが作った架空の言語、ロクシャンで歌った3曲のうちのひとつ。ロクシャンはエンヤを解放させたようで、特に紛れもないお祭り騒ぎの「The River Sings」では、スコットランドのマウス・ミュージックのスタイルで民族コーラスを歌った。だが、そこへたどり着くには、まるで鎮静剤を飲んだカーペンターズのような、葬送曲めいた一本調子のスローなバラードをのろのろと聞かないとならない。どちらかと言えば抑制の効いた「It's in the Rain」のアレンジは、四半世紀前にエンヤが仲間のクラナドと歌って以来経験していなかった、フォークのような単純さをほぼ達成している。『Amarantine』は浮き世とは切り離された状態から生まれたように聞こえるが、これはエンヤの過去のアルバムと同様である。(John Diliberto, Amazon.com)
Amazonレビュー


amazon検索