ダンボ [DVD]

新品の在庫はありません。
ユーズド:¥ 2,650より »
販売元:ブエナ・ビスタ・ホーム・エンターテイメント
カテゴリ:DVD
JAN:4959241951427
Amazon.co.jp 売上ランキング:DVDで106826位

[ Amazonの詳細ページへ ]
Yahoo!ショッピング
《中古DVD》ダンボ
ストア:トレカ・ゲームのCLUBWIND
¥800
条件付
送料無料
中古DVD/ディズニー/ダンボ
ストア:ドラマYahoo!店
¥1,490
条件付
送料無料
中古DVD/ディズニー/ダンボ
ストア:ドラマ書房Yahoo!店
¥1,490
条件付
送料無料
エディターレビュー
   ディズニーの古典と呼ぶにふさわしい名作『ダンボ』は、子どもを持つ人であろうとなかろうとビデオコレクションの1本として持つべきだ。『ダンボ』は物語を見せる力がとても豊かで、歌はめったにないほど忘れがたく(あるいは単に全く奇妙で)、キャラクターたちはとても見事に描かれている。この作品は、標準的ではないものを受け入れられない「冷たく残酷で心ない」世界と、勇敢で物を言わないヒーローを対決させる。ジャンボ・ジュニア(「まぬけ」という意味の「ダンボ」は、悪意のこもったあだ名だ)は、コウノトリに運んでこられた直後から、その大きな耳のせいでサーカスの一団から仲間はずれにされる。母親は息子をかばうが、拘束されてしまう。彼は子どもたちにからかわれ(洞察に満ちたシーンでは、ある少年が当人も不格好な耳を持っていながらダンボの耳をばかにする)、サーカスの仲間たちに利用され、ピエロたちと共に道化をする役に降格される。親切なネズミのティモシーだけが小さなダンボの世話をしてくれる。素晴らしい歌「もし象が空を飛べたら」でダンボを茶化す、差別的なカラスのジムたちに関する懸念は、この映画ではカラスたちが小さな追放者に親切に接した唯一の社会集団だということを思い出して、問題にするのを控えるべきだろう。もしあなたが「私の赤ちゃん」の場面で目を潤ませないのならば、死刑を宣告されても仕方ないかも知れない。(Keith Simanton, Amazon.com)
Amazonレビュー


ライフログ - この商品を登録しているブログ
amazon検索