At War With the Mystics

定価:
マーケットプレイス価格:¥ 466 (税込)

レーベル:Warner Bros / Wea
カテゴリ:CD
:2031777
JAN:0093624996620
Amazon.co.jp 売上ランキング:音楽で245848位

[ Amazonの詳細ページへ ]
この商品は購入可能です
Amazon.co.jpのカートに入れる
発送可能時期:通常4~5営業日以内に発送
トラックリスト
  1. The Yeah Yeah Yeah Song
  2. Free Radicals
  3. The Sound of Failure
  4. My Cosmic Autumn Rebellion
  5. Vein Of Stars
  6. The Wizard Turns On...
  7. It Overtakes Me
  8. Mr. Ambulance Driver
  9. Haven't Got a Clue
  10. The W.A.N.D.
  11. Pompeii AM Gotterdammerung
  12. Goin' On
エディターレビュー
前作、前々作にあたる広がりのある愛くるしい叙事詩『The Soft Bulletin』と『Yoshimi Battles the Pink Robots』では、人生で人が直面する避けられない死を扱っていた。だが新作で、このオクラホマ・シティのアート扇動家たちは、コンセプト・アルバムのアプローチを捨て、まわれ右をした。彼らの初期の特徴だった取り散らかったサイケデリアを70年代のファンク・パーティを通じて取りこみ、なおかつ、ありきたりなものを崇高なものへ昇華させる方法を見つけている。「Pompeii(邦題「ポンペイの黄昏」)」ではシド・バレット時代のピンク・フロイドを凌ぎ、「Wizard Turns On(邦題「巨大な銀の閃光灯を点灯し、狼人間のモカシンを穿くノってる魔法使い」)」では、幻想的な飛行機の上でぐらぐらとバランスを取っていても。そして、このバンドが風刺漫画のようにピンクのウサギに宇宙のシャボン玉を吹きかけていると信じたい誘惑に駆られるだろうが、危険な状態にあるのはあなた自身なのだ。『At War With the Mystics(邦題『アット・ウォー・ウィズ・ザ・ミスティックス(神秘主義者との交戦』)』は、ジョージ・ブッシュ、ブッシュ政権、自爆テロ、うわべだけで中身のないスターたちを、似たような囚人服を着た罪人だとひとまとめにして、彼らへの告発を知的に探っている。「Sound of Failure/It's Dark...Is it Always This Dark?(邦題「しくじりの音/暗い闇…いつだってこんなに暗いのか?」)」のような曲は大胆に、ポップ・カルチャーの歌姫グウェン・ステファニやブリトニー・スピアーズに挑戦しているが、最初におやすみのキスを音を立てて贈ることは忘れていない。「Free Radicals(邦題「フリー・ラディカルズ~自由急進主義者達(自爆犯を説き伏せようとするクリスマス骸骨の幻想)」)」は貴重なソウルの騒乱で、絶頂期のプリンスを思わせるが、実はデベンドラ・ベンハートの夢に奇妙に影響を受け、潜在的なテロリストたちの心に向けた真っ直ぐな鋭い矢だ。フレーミング・リップスを率いる元帥ウェイン・コインは、人間の性質を鋭く観察するが、さらに鋭いソングライターでもあり、このアルバムは彼の最高作品であり、もっともバラエティい富む作品となっている
Amazonレビュー
amazon検索