ザ・インタープリター [DVD]

脚本 スティーヴン・ザイリアン
定価:¥ 1,851
マーケットプレイス価格:¥ 455 (税込)

販売元:ユニバーサル・ピクチャーズ・ジャパン
カテゴリ:DVD
JAN:4580120519119
Amazon.co.jp 売上ランキング:DVDで151897位

[ Amazonの詳細ページへ ]
Yahoo!ショッピング
ザ・インタープリター/シドニー・ポラック(監督),ニコール・キッドマン,ショーン・ペン
ストア:BOOKOFF Online ヤフー店
在庫あり
¥298
条件付
送料無料
中古DVD/ザ・インタープリター/洋画
ストア:ドラマYahoo!店
在庫あり
¥1,058
条件付
送料無料
中古DVD/ザ・インタープリター/洋画
ストア:ドラマ書房Yahoo!店
在庫あり
¥1,058
条件付
送料無料
エディターレビュー
   ニコール・キッドマン、ショーン・ペンという2大実力スターが共演した社会派サスペンス。ニコールが演じるシルヴィアは、国連に勤務する同時通訳で、アフリカのクー語(架空の言語)を担当する。そのクー語が使われる小国マトボ(こちらも架空)の大統領が国連で演説することになるのだが、シルヴィアは大統領が暗殺するという情報を聞いてしまう。シークレット・サービスのトビンがシルヴィアを護衛するが、彼女も怪しげな行動をとる。
   マトボの国情には、アフリカ各国の悲惨な現状が凝縮されており、突然の激しいアクション場面とともに、随所で背筋を凍らせる。全体の展開はやや複雑で不可解な点もあるが、シルヴィアの素性が明らかになるにつれ、彼女とトビンが悲痛な心を慰め合う物語も生まれ、感情移入しやすくなっていく。それでいて、深いラブストーリーになだれ込まないのはリアル。主演2人は、いつもながらの名演(とくにクライマックスのペンの切ない表情は絶品!)だが、最も印象に残るのは、ニューヨークの国連本部内の映像だろう。ドラマに真実味を与えるのはもちろん、劇映画としては初めて撮影が許可されたという点でも、一見の価値はある。(斉藤博昭)
Amazonレビュー


カテゴリ
ライフログ - この商品を登録しているブログ
amazon検索