欲望 [DVD]

原著 小池真理子 , 脚本 大森寿美男 , 脚本 川崎いづみ
定価:
マーケットプレイス価格:¥ 2,926 (税込)

販売元:バンダイビジュアル
カテゴリ:DVD
JAN:4934569625052
Amazon.co.jp 売上ランキング:DVDで22065位

[ Amazonの詳細ページへ ]
この商品は購入可能です
Amazon.co.jpのカートに入れる
発送可能時期:在庫あり。
Yahoo!ショッピング
欲望 【DVD】
ストア:ハピネット・オンライン Yahoo!店
在庫あり
¥3,176
条件付
送料無料
【送料無料選択可】邦画/欲望
ストア:ネオウィングYahoo!店
在庫あり
¥3,543
条件付
送料無料
バンダイビジュアル 欲望 板谷由夏
ストア:ECJOY!ブックス ヤフー店
在庫あり
¥4,180
エディターレビュー
   日本映画としてはめずらしく、男と女の性を真正面からとらえ、官能的な映像に結実させた1編。小池真理子の原作のテーマを損なうことなく、見事に映画化された。中学時代から正巳に好意を持っていた類子だが、正巳は親友の阿佐緒に想いを寄せていた。その後、図書館司書となった類子は、妻子ある男との肉体関係に溺れていたときに阿佐緒と再会。親子ほど年の離れた精神科医と結婚を決めた阿佐緒のパーティに招かれた類子は、そこで正巳とも会う。
   時を経た親友3人の関係は、再会によって濃密になっていくのだが、正巳が性的不能であるという事実が、さらに関係をややこしくしていく。要所に鮮烈な性描写があり、なかでも、類子が不能の正巳と何とか結ばれようとするシーンは痛々しくもエロティック。しかし、映画全体に漂うのは、純愛のようなピュアな美しさだ。正巳が傾倒する三島由紀夫作品との関係など、文学的要素も多く、結末が、さまざまな想像をかき立てる。主演3人は、複雑な役を文字通り体当たりで演じきり、背景となる70~80年代のカルチャーが、どこか郷愁を誘う。(斉藤博昭)
Amazonレビュー
amazon検索