トランスアメリカ [DVD]

脚本 ダンカン・タッカー
定価:¥ 4,104
マーケットプレイス価格:¥ 2,199 (税込)

販売元:松竹
カテゴリ:DVD
JAN:4988105051621
Amazon.co.jp 売上ランキング:DVDで29414位

[ Amazonの詳細ページへ ]
この商品は購入可能です
Amazon.co.jpのカートに入れる
発送可能時期:在庫あり。
Yahoo!ショッピング
トランスアメリカ/ダンカン・タッカー(監督、脚本),フェリシティ・ハフマン,ケヴィン・ゼガーズ
ストア:BOOKOFF Online ヤフー店
在庫あり
¥798
条件付
送料無料
中古DVD/トランスアメリカ/洋画
ストア:ドラマYahoo!店
在庫あり
¥1,490
条件付
送料無料
中古DVD/トランスアメリカ/洋画
ストア:ドラマ書房Yahoo!店
在庫あり
¥1,490
条件付
送料無料
エディターレビュー
   性同一性障害と親子の絆をテーマに、ロードムービー風に描いた異色の傑作。ブリーは男性だが、肉体に違和感を覚え、女性になるための手術を控えていた。そんな彼の元に、逮捕された息子を引き取りに来てくれと連絡が入る。じつは、かつてブリーは結婚しており、そのときにトビーという息子ができていたのだ。ブリーは、教会の職員(もちろん女性)だと偽ってブリーと面会し、彼を養父の家へ送り届けようとする。
   驚くのは、ブリー役が女優であることだ。フェリシティ・ハフマンは、わざわざ“男性が女装しているような”メイクとファッション。低音の声で演技しており、男優が演じているとしか思えない。そのうえに、突然現れた息子への困惑が親の愛へと変わる状況も名演して、観る者を引き込んでしまう。特殊メイクの下半身をさらけ出して立ちションする姿には絶句するだろう。かつての父と息子が旅するアメリカの原風景も見どころで、ヒッチハイカー、ブリーの家族など脇役も個性を発揮して物語をおもしろくする。声高に訴えずに、マイノリティの悲哀をあぶり出した点が、ひじょうに好感。トビーを演じるケヴィン・ゼガーズのみずみずしい魅力は、将来の大器を感じさせる。(斉藤博昭)
Amazonレビュー


amazon検索