明日の記憶 [DVD]

原著 荻原浩 , 脚本 砂本量 , 脚本 三浦有為子
定価:¥ 4,104
マーケットプレイス価格:¥ 3,000 (税込)

販売元:東映
カテゴリ:DVD
JAN:4988101126323
Amazon.co.jp 売上ランキング:DVDで27412位

[ Amazonの詳細ページへ ]
この商品は購入可能です
Amazon.co.jpのカートに入れる
発送可能時期:在庫あり。
Yahoo!ショッピング
中古DVD/明日の記憶/邦画
ストア:ドラマ書房Yahoo!店
在庫あり
¥1,490
条件付
送料無料
中古DVD/明日の記憶/邦画
ストア:ドラマYahoo!店
在庫あり
¥1,490
条件付
送料無料
DVD)明日の記憶(’06東映/住友商事/東映ビデオ/日本出版販売/光文社/読売新聞/ケイダッシュ) (DSTD-2614)
ストア:ディスクショップ白鳥 Yahoo!店
在庫あり
¥2,462
条件付
送料無料
エディターレビュー
   若年性アルツハイマーと聞くと、悲痛なドラマを連想するが、本作は観終わってどこか希望の光を感じさせる。それでいて、病気の現実を真正面からとらえる。この意味で、ひじょうに好感が持てる作品である。渡辺謙が演じる主人公は、50歳を前にして物忘れがどんどんひどくなる。最初に彼が受ける病院の検査から、観る者に同時体験させることで、アルツハイマーの怖さをリアルに実感させていくのだ。もし自分が、あるいは家族や同僚が…と切迫感を高める展開が見事。
   これ以前の作品ではトリッキーな演出で賛否もあった堤幸彦監督だが、本作では記憶が曖昧になっていくドラマに、その演出方法がピタリと合っている。この種の映画では、得てして悲劇だけが全面に押し出されがちだが、周囲の人間のさまざまな反応、とくに相手がアルツハイマーであることを利用しようとする人間の悪い部分もさり気なく盛り込み、多面的に考えさせるところが秀逸。木梨憲武、大滝秀治ら脇役の存在感も光っている。クライマックスからラストが、これほど心地よいのはなぜだろう? それは作り手の、人生に対する賛歌が託されているからである。(斉藤博昭)
Amazonレビュー


amazon検索