吾輩は主婦であるDVD-BOX 下巻「たかし」

価格:¥ 16,416 (税込)
販売元:ジェネオン エンタテインメント
カテゴリ:DVD
JAN:4988102284732
Amazon.co.jp 売上ランキング:DVDで71430位

[ Amazonの詳細ページへ ]
この商品は購入可能です
Amazon.co.jpのカートに入れる
発送可能時期:在庫あり。
エディターレビュー
   2006年5月~7月、TBS系“愛の劇場”で放映された、斉藤由貴主演のホームコメディ。共演は、及川光博、竹下景子ほか。昼ドラ初挑戦となる宮藤官九郎を監督に迎え、度肝を抜くシチュエーションで視聴者を驚かせた、話題騒然の作品。昼ドラ=嫁姑の確執、粘り気のある人間関係…といった固定観念を払拭し、ユーモラスで特異な世界を築き上げた功績は、ドラマ史に残る。登場人物ひとりひとりが好もしく“キャラ立ち”しており、一度観たあともじっくり彼らの人となりを楽しみながら繰り返し観たくなる。下巻には、21話~最終話(40話)までが収録されている。――家計簿のやりくりに熱中するあまり、お守りにしていた千円札の夏目漱石が乗り移った主婦・みどり(斉藤)は、『吾輩は主婦である』という小説を書くと言い出し…。(みき~る)
Amazonレビュー


amazon検索