ぼくを葬る [DVD]

価格:¥ 4,104 (税込)
販売元:日活
カテゴリ:DVD
JAN:4988103631283
Amazon.co.jp 売上ランキング:DVDで71205位

[ Amazonの詳細ページへ ]
この商品は購入可能です
Amazon.co.jpのカートに入れる
発送可能時期:一時的に在庫切れですが、商品が入荷次第配送します。配送予定日がわかり次第Eメールにてお知らせします。商品の代金は発送時に請求いたします。
Yahoo!ショッピング
ぼくを葬る(DVD)
ストア:ぐるぐる王国 スタークラブ
在庫あり
¥2,975
ぼくを葬る DVD
ストア:ぐるぐる王国 ヤフー店
在庫あり
¥3,094
ぼくを葬る(DVD)
ストア:ぐるぐる王国2号館 ヤフー店
在庫あり
¥3,291
エディターレビュー
   作品ごとにセンセーショナルを巻き起こすフランソワ・オゾン監督だが、本作では自身を主人公に投影しているとあって、それまでの作品とは違う切迫感や緊張感が充満している。カメラマンのロマンが、脳腫瘍が発見され、余命3か月と宣告される。ゲイである彼は、ボーイフレンドや家族に対し、できるだけ平穏を装って過ごすことを決めるが、偶然出会った女性に子どもを作ってほしいと頼まれ、当惑する。
   メルヴィル・プポーが体重を減らしながらロマンを熱演するが、表情は極力抑えられ、つねに穏やか。その瞳の奥のまた奥に悲しみが潜み、観ているこちらは胸が痛くなる。オゾン映画らしいショッキングなラブシーンもあるが、根底には自分の子孫を残したいという人間の本能に迫るテーマが流れ、共感を誘うのだ。この点もオゾン映画では異例。子ども時代の記憶、ジャンヌ・モロー演じる祖母との対話など、要所に心を締めつけるシーンを盛り込んだ構成がうまい。荘厳なほどに美しいラストシーンからは、人生への賛歌も感じられ、余韻がいつまでも続く。(斉藤博昭)
Amazonレビュー


カテゴリ
amazon検索