CSI:NY シーズン1 コンプリートBOX-2 [DVD]

定価:¥ 13,824
マーケットプレイス価格:¥ 5,443 (税込)

販売元:角川ヘラルド映画
カテゴリ:DVD
JAN:4988111282989
Amazon.co.jp 売上ランキング:DVDで87033位

[ Amazonの詳細ページへ ]
この商品は購入可能です
Amazon.co.jpのカートに入れる
発送可能時期:在庫あり。
エディターレビュー
   CBS局大当たりのCSIシリーズの舞台を、ニューヨークに移したら何が出来上がるか? ドブ鼠が目撃者となった事件、ピザ屋のオーブンで頭を潰された被害者、コモディティ・トレーダー殺人、そして当然ながらレッドソックスのファン。いかにも楽しそうに聞えるかもしれないが、『C.S.I. New York』は同番組のラスベガス版やマイアミ版より寒々しく凄みのあるバージョンだ。CSIチームは快活でニューヨーク的ではあるが、輪郭のはっきりしないキャラクター達、ステラ・ボナセラ刑事(メリーナ・カナカレデス)、ドン・フラック刑事(エディ・ケイヒル)、検死官シェルダン・ホークス(ヒル・ハーパー)、より年若のダニー・メッサー(カーマイン・ジョビナッツォ)とエイダン・バーン(ヴァネッサ・フェルリト、後に降板)で構成されている。リーダーのマック・テイラー刑事(ゲイリー・シニーズ)は、その過去(妻を9/11事件で亡くしている)が語られる数少ないキャラクターの一人である。しかし、個人の身の上を語らぬ方がうまくいくのが常であり、これに関しては殆ど触れられてはいない。シニーズはマイアミ版のデヴィッド・カルーソのように激しくはないが、オリジナル版のウィリアム・ピーターセンのようなウィンク目線のユーモアに欠けている。出演者は社員旅行などに行くかして、もう少し明るくなれないものかと思うが、それでもやはりトレードマークのクローズアップや恐ろしい犯罪や非常にクールな道具は依然として使われている。ニューヨークの土地は興味深い背景を生み出しているが、プロデューサーのジェリー・ブラッカイマーに一言。もう我々は充分堪能しているから、次は「CSI:オハマ」なんて言わないで。(Ellen A. Kim, Amazon.com)
Amazonレビュー


カテゴリ
ライフログ - この商品を登録しているブログ
amazon検索