こどものとも 2006年 11月号 [雑誌]

エディターレビュー
老夫婦が白樺の森のそばで暮らしていました。ある年、寒くて小麦や野菜が少ししかとれなかったので、パンをつくる粉がなくなってしまいました。そこで白樺の木を売って粉を買おうと、おじいさんは白樺の森へ行きました。おじいさんが斧を振りあげると、木の根もとから金色のねこが現れて「白樺をきらないでくれれば、お礼にどんな願いごとでもかなえてあげます」といったのです……。
Amazonレビュー


ライフログ - この商品を登録しているブログ
amazon検索