フッサール書簡集1915-1938―フッサールからインガルデンへ (1982年)

翻訳 桑野 耕三 , 翻訳 佐藤 真理人
価格: (税込)
出版:せりか書房
カテゴリ:-
ページ:318頁
Amazon.co.jp 売上ランキング:本で895780位

[ Amazonの詳細ページへ ]
エディターレビュー
ウィーン大学で約2年間フランツ・ブレンターノに師事し、ドイツのハレ大学、ゲッティンゲン大学、フライブルク大学で教鞭をとる。 初めは数学基礎論の研究者であったが、ブレンターノの影響を受け、哲学の側からの諸学問の基礎付けへと関心を移し、全く新しい対象へのアプローチの方法として「現象学」を提唱するに至る。 現象学は20世紀哲学の新たな流れとなり、マルティン・ハイデッガー、ジャン=ポール・サルトル、モーリス・メルロー=ポンティらの後継者を生み出して現象学運動となり、学問のみならず政治や芸術にまで影響を与えた。
Amazonレビュー
amazon検索