サラ・ベルナールの一生 (1970年)

サラ・ベルナールの一生 (1970年)
価格: (税込)
出版:新潮社
カテゴリ:-
ページ:362頁
Amazon.co.jp 売上ランキング:本で1376607位

[ Amazonの詳細ページへ ]
エディターレビュー
サラ・ベルナール(Sarah Bernhardt, 1844年10月22日 – 1923年3月26日)はフランスの舞台女優。フランスのベル・エポックを象徴する大女優として知られる。 サラ・ベルナール(本名アンリエット・ロジーヌ・ベルナール、Henriette Rosine Bernard)はパリで生まれた。母はユール(Youle)の名で知られたユダヤ系オランダ人売春婦ユディト・ファン・ハルト(Judith van Hard)で、彼女は生き残った私生児の中では最年長であった。彼女の父親はフランス人弁護士エドゥアール・ベルナール(Edouard Bernard)であったといわれている。フランスのカトリック修道院で教育を受けたのち、生活のため女優と売春婦を兼ねることとなった。彼女は演劇の訓練のため、ナポレオン3世の異父弟シャルル・ド・モルニー公爵の援助により国立音楽演劇学校へ入学した。
Amazonレビュー
amazon検索