リトル・ミス・サンシャイン [DVD]

脚本 マイケル・アーント
価格:¥ 9,800 (税込)
販売元:20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
カテゴリ:DVD
JAN:4988142523723
Amazon.co.jp 売上ランキング:DVDで58014位

[ Amazonの詳細ページへ ]
この商品は購入可能です
Amazon.co.jpのカートに入れる
発送可能時期:在庫あり。
Yahoo!ショッピング
リトル・ミス・サンシャイン (DVD)(2007)(管理:54621)
ストア:コレクションモール
在庫あり
¥798
条件付
送料無料
中古DVD/リトル・ミス・サンシャイン/洋画
ストア:ドラマYahoo!店
¥1,058
条件付
送料無料
中古DVD/リトル・ミス・サンシャイン/洋画
ストア:ドラマ書房Yahoo!店
¥1,058
条件付
送料無料
エディターレビュー
   どんな人にも、コンプレックスや他人には言えない秘密がある。映画のキャラクターは、それらを大げさに描きつつ、共感させるものだが、本作は、このパターンを完璧に実現した好例だ。ビューティ・コンテストに出る夢を持つ9歳のオリーヴが、「リトル・ミス・サンシャイン」というコンテストに繰り上げ出場することが決定。家族はミニバスを借り、会場のあるロサンゼルスを目指す。ヘロイン中毒の祖父や、一言も口をきかない兄、ゲイで自殺未遂を起こしたばかりのおじさんなど、問題だらけの彼らには、予想どおり波乱の道中が待つのであった。
   オープニングの食事シーンだけで、家族全員の性格と役割が伝わってくるなど、演出と脚本、演技のすばらしさに感心するばかり。故障したミニバスを押しながら発進させるシーンに象徴されるように、家族のチームワークが余儀なくされるにつれ、それぞれが問題を乗り越えていく姿は観ていて微笑ましい。走る車内にカメラを据えるなど、低予算ならではの凝った映像も見どころ。強く美しい者が優れているという、現代アメリカ社会へのアンチテーゼも込められたラストは、家族の絆と各キャラへの愛おしさが最高潮に達し、目頭が熱くなる。笑いとともに人間への愛を見つめた秀作。(斉藤博昭)
Amazonレビュー


カテゴリ
amazon検索