太陽 [DVD]

脚本 ユーリ・アラボフ
定価:¥ 5,076
マーケットプレイス価格:¥ 6,216 (税込)

販売元:クロックワークス
カテゴリ:DVD
JAN:4532640303242
Amazon.co.jp 売上ランキング:DVDで15370位

[ Amazonの詳細ページへ ]
この商品は購入可能です
Amazon.co.jpのカートに入れる
発送可能時期:在庫あり。
Yahoo!ショッピング
太陽 [DVD]
ストア:メディアマーケットプレイス
在庫あり
¥7,320
太陽 (DVD) / (管理:151574)
ストア:コレクションモール
¥909
条件付
送料無料
《中古DVD》太陽
ストア:トレカ・ゲームのCLUBWIND
¥1,850
条件付
送料無料
エディターレビュー
   ヒトラーやレーニンも自作の題材にしたアレクサンドル・ソクーロフ監督が、昭和天皇を主人公に、終戦の年、8月15日の前後を描く。空襲から逃れるため、地下室で生活する天皇(=ヒロヒト)が終戦を決意する苦悩に焦点を当てながらも、ヘイケガニの研究に安らぎを求め、訪れる米軍兵士に「チャップリンに似ている」と言われて喜ぶ姿など、人間としての天皇を映像化。日本人にとって興味深い仕上がりだ。
   イッセー尾形は、口をもごもごさせる仕草など、本人の癖を巧みに採り入れつつ、人間味溢れるヒロヒトを好演。侍従らとのやりとりでは笑いも誘う。ソクーロフ監督はセピア調の映像で当時の雰囲気をかもし出し、夢の場面で魚が爆弾を落とすなどシュールな描写も挿入。外国人が描いた日本にしては違和感が少ない。天皇の描写を含め、さまざまな意味で問題を投げかける作品ではあるが、人間になることを許されなかったひとりの運命として観ると、これほどインパクトの強いドラマも少ないだろう。多くの葛藤はラストで、皇后役、桃井かおりの一瞬の表情に凝縮されるのだ。(斉藤博昭)
Amazonレビュー


amazon検索