武士の一分 [DVD]

定価:¥ 4,104
マーケットプレイス価格:¥ 538 (税込)

販売元:松竹
カテゴリ:DVD
JAN:4988105052963
Amazon.co.jp 売上ランキング:DVDで16111位

[ Amazonの詳細ページへ ]
この商品は購入可能です
Amazon.co.jpのカートに入れる
発送可能時期:在庫あり。
Yahoo!ショッピング
武士の一分 
ストア:ネットオフ ヤフー店
在庫あり
¥288
送料無料
武士の一分/山田洋次(監督、脚本),木村拓哉,檀れい,藤沢周平(原作)
ストア:BOOKOFF Online ヤフー店
在庫あり
¥498
条件付
送料無料
武士の一分 (DVD)(2007) (管理:138524)
ストア:コレクションモール
在庫あり
¥598
条件付
送料無料
エディターレビュー
   山田洋次監督による『たそがれ清兵衛』『隠し剣 鬼の爪』に続く、藤沢周平原作小説の映画化。役目のため失明した下級武士を支える妻と中間、そして一分を通すため復讐に挑む侍の姿を描く。主役の武士に木村拓哉。その妻に映画初出演の壇れいが扮し、新鮮な存在感を見せている。
   山田監督の作品は、一点一画を疎かにしない、きちんとしたドラマを描くことに定評があるが、『武士の一分』においてはそれが堅苦しさではなく、娯楽映画としての完成度を高める方向に作用している。前半。城中で毒味をする武士たちが、横一列に並んで役目を果たす、その軽快な動きの楽しさ。木村拓哉という絶妙な素材を得た山田監督の演出ははずみ、時折“SMAPのキムタク”をも見せて笑いを誘う。ドラマが佳境に入ると同時に、徐々に緊張感が増してくるが、息苦しさを感じさせることはない。木村の侍が復讐をとげる、その決闘シーンは良質なアクション映画さながらのテンションと迫力を誇示。その後に描かれる、ほろりとさせられる結末。そしてどのような武士にも守るべき一分があることをさりげなく示唆する、その優しさと余韻の豊かさ。娯楽映画として、完璧な出来である。(斉藤守彦)
Amazonレビュー


amazon検索