DOA デッド・オア・アライブ デラックス版 [DVD]

定価:
マーケットプレイス価格:¥ 1,100 (税込)

販売元:ジェネオン エンタテインメント
カテゴリ:DVD
JAN:4988102369637
Amazon.co.jp 売上ランキング:DVDで96093位

[ Amazonの詳細ページへ ]
この商品は購入可能です
Amazon.co.jpのカートに入れる
発送可能時期:在庫あり。
エディターレビュー
あの大人気ゲームを映画化したコーリー・ユン(『トランスポーター』)の『DOA デッド・オア・アライブ』はセクシー美女と格闘技を取り入れた軽い感覚の映画で、ターゲット層の若い男性の視聴者を思う存分楽しませるものだ。ジェイミー・プレスリー(『マイ・ネーム・イス・アール』)は一流の女子プロレスラーで、孤島での過酷な競技大会に参加することになる。島に到着早々、このトーナメントのスポンサーであるドノヴァン(最高に巧みでなめらかな演技のエリック・ロバーツ)が邪悪な考えをひそかに抱いており、デヴォン青木、ホリー・ヴァランス、いつも印象に残るケイン・コスギらの参加者たちと力を合わせて、共通の敵と戦わねばならないことを知る。2007年の『The Condemned』同様に、この『DOA デッド・オア・アライブ』は21世紀に甦った70年代初期のドライブイン・ムービーだ。派手でお馬鹿なことを誇りにしているこの映画の第一の役割は、時間内に極力多くの戦いの場面とビキニ姿の女性を詰めこむことで、これは大成功を収めている。ユン監督はこのあたりを心得ていて、まあ、かなりベタなお約束でも賢く黙認している。プレスリー(コメディより本作のほうがずっといい味を出している)とキャストたちはルックスも動きもよし、そして格闘シーンは香港映画やタイ映画の水準には及ばないものの、『DOA デッド・オア・アライブ』はたっぷり楽しめる映画だ。(Paul Gaita, Amazon.com)
Amazonレビュー
カテゴリ
amazon検索