東京タワー オカンとボクと、時々、オトン(2枚組) [DVD]

定価:¥ 5,184
マーケットプレイス価格:¥ 1,239 (税込)

販売元:VAP independent(VAP)(D)
カテゴリ:DVD
JAN:4988021128360
Amazon.co.jp 売上ランキング:DVDで17572位

[ Amazonの詳細ページへ ]
この商品は購入可能です
Amazon.co.jpのカートに入れる
発送可能時期:在庫あり。
Yahoo!ショッピング
東京タワー オカンとボクと,時々,オトン 
ストア:ネットオフ ヤフー店
在庫あり
¥1,048
送料無料
中古DVD/東京タワー オカンとボクと、時々、オトン/邦画
ストア:ドラマ書房Yahoo!店
在庫あり
¥1,058
条件付
送料無料
中古DVD/東京タワー オカンとボクと、時々、オトン/邦画
ストア:ドラマYahoo!店
在庫あり
¥1,058
条件付
送料無料
エディターレビュー
   リリー・フランキー原作の同名ベストセラーを映画化した本作は、ドラマ版とは違って、映画ならではの細部へのこだわりや、絶妙なキャスティングによって、原作の持ち味を存分に活かすことになった。原作者自身がモデルである主人公の「ボク」が、炭鉱町・筑豊での少年時代を経て、東京でイラストレーター兼コラムニストそして成功。ガンに冒された「オカン」を東京に呼び寄せるという物語は、ほぼ原作どおり。映画だからといって、妙に本筋を外れなかったことに好感が持てる。
   長髪で無精ヒゲを生やしたオダギリ ジョーは、思いのほかリリー・フランキー本人に近いイメージ。さらに樹木希林のオカンの若き日を実娘の内田也哉子が演じることで、時の流れが見事に表現されている。そのほかキャストでは、原作にも出てくる松田美由紀の使われ方や、一瞬だけ登場する豪華ゲストも見どころ。炭鉱町のセットを始め、その後の80~90年代のカルチャーも丁寧に映像化された。原作ファンが気になるのはクライマックスだが、オカンがガンに苦しむ姿を壮絶に描く反面、その後は過剰な演出を避けたたことで、原作よりも、じっくり感動する人が多いかもしれない。映画として、どこにインパクトを与えるべきなのかを、監督の松岡錠司は知っているのだろう。(斉藤博昭)
Amazonレビュー


amazon検索