ポール・マッカートニー・アンソロジー 1970-2005 (初回生産限定特別価格) [DVD]

新品の在庫はありません。
ユーズド:¥ 3,681より »
販売元:WARNER MUSIC JAPAN(WP)(D)
カテゴリ:DVD
JAN:4943674971251
Amazon.co.jp 売上ランキング:DVDで81028位

[ Amazonの詳細ページへ ]
トラックリスト
Disc : 1
  1. タッグ・オブ・ウォー
  2. セイ・セイ・セイ
  3. 心のラヴ・ソング
  4. バンド・オン・ザ・ラン
  5. 恋することのもどかしさ(メイビー・アイム・アメイズド)
  6. 故郷のこころ(ハート・オブ・ザ・カントリー)
  7. マムーニア
  8. しあわせの予感(ウィズ・ア・リトル・ラック)
  9. グッドナイト・トゥナイト
  10. ウォーターフォールズ
  11. マイ・ラヴ
  12. C・ムーン
  13. ベイビーズ・リクエスト
  14. ハイ・ハイ・ハイ
  15. エボニー・アンド・アイボリー
  16. テイク・イット・アウェイ
  17. 夢の旅人
  18. 愛しのヘレン(ヘレン・ホイールズ)
  19. 別れの時
  20. カミング・アップ
  21. ワンダフル・クリスマスタイム
  22. サウスバンク・ショー(エリノアズ・ドリーム) (EXTRAS)
  23. バンド・オン・ザ・ラン ジャケット撮影 (EXTRAS)
  24. ジュニアズ・ファーム (EXTRAS)
  25. たそがれのロンドン・タウン (EXTRAS)
  26. 夢の旅人(ELSTREE) (EXTRAS)
Disc : 2
  1. パイプス・オブ・ピース
  2. マイ・ブレイヴ・フェイス
  3. ビューティフル・ナイト
  4. ファイン・ライン
  5. ひとりぼっちのロンリー・ナイト(ノー・モア・ロンリー・ナイツ)
  6. ディス・ワン
  7. リトル・ウィロー
  8. プリティ・リトル・ヘッド
  9. バースデイ
  10. 明日への誓い
  11. ワンス・アポン・ア・ロング・アゴー
  12. オール・マイ・トライアルズ
  13. ブラウン・アイド・ハンサム・マン
  14. プレス
  15. ノー・アザー・ベイビー
  16. オフ・ザ・グラウンド
  17. バイカー・ライク・アン・アイコン
  18. スパイズ・ライク・アス
  19. プット・イット・ゼア
  20. フィギュア・オブ・エイト
  21. カモン・ピープル
  22. パーキンソン(1999年 TVショー) (EXTRAS)
  23. ソー・バッド (EXTRAS)
  24. クリエイティング・ケイオス・アット・アビイ・ロード(2005) (EXTRAS)
Disc : 3
  1. ロックショー(1976)::オープニング
  2. ロックショー(1976)::ヴィーナス・アンド・マース
  3. ロックショー(1976)::ロックショー
  4. ロックショー(1976)::ジェット
  5. ロックショー(1976)::恋することのもどかしさ(メイビー・アイム・アメイズド)
  6. ロックショー(1976)::レディ・マドンナ
  7. ロックショー(1976)::あの娘におせっかい(リッスン・トゥ・ホワット・ザ・マン・セッド)
  8. ロックショー(1976)::ブルーバード
  9. MTVアンプラグド(1991)::オープニング
  10. MTVアンプラグド(1991)::アイ・ロスト・マイ・リトル・ガール
  11. MTVアンプラグド(1991)::エヴリナイト
  12. MTVアンプラグド(1991)::アンド・アイ・ラヴ・ハー
  13. MTVアンプラグド(1991)::きっと何かが待っている(ザット・ウッド・ビー・サムシング)
  14. グラストンベリー(2004)::ジェット
  15. グラストンベリー(2004)::フレイミング・パイ
  16. グラストンベリー(2004)::レット・ミー・ロール・イット
  17. グラストンベリー(2004)::ブラックバード
  18. グラストンベリー(2004)::バンド・オン・ザ・ラン
  19. グラストンベリー(2004)::バック・イン・ザ・USSR
  20. グラストンベリー(2004)::007/死ぬのは奴らだ
  21. グラストンベリー(2004)::ヘイ・ジュード
  22. グラストンベリー(2004)::イエスタデイ
  23. グラストンベリー(2004)::ヘルター・スケルター
  24. グラストンベリー(2004)::サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド
  25. 1985年「ライヴ・エイド」より::レット・イット・ビー
  26. スーパーボウル::ドライブ・マイ・カー
  27. スーパーボウル::ゲット・バック
  28. スーパーボウル::007/死ぬのは奴らだ
  29. スーパーボウル::ヘイ・ジュード
エディターレビュー
2007年末に「ポール・マッカートニー・アンソロジー」をリリースしたポール・マッカートニーが40年間――それもあの世界一のバンドのメンバーとして過ごした10年さえも含まない期間――の中でもよりよい時代を築こうと、様々なメディアでレコーディングを続けているという事実を考えると、信じられないような気持ちだ。その詳しい内容やプレゼンテーションについて難癖をつける人もいるだろうが、ビデオやコンサートの記録フィルム、インタビュー、ドキュメンタリーなどを詰めこんだこのディスク3枚組のセットは、サー・ポールを敬愛する臣民の大多数を間違いなく満足させるだろう。最初の2枚を占める1970年(MTVが登場する10年前の「恋することのもどかしさ」)から2005年(「ファイン・ライン」)にわたる多くのビデオは、時代を追って見ることも、マッカートニー自身がプログラムした順番で見ることもできる。ストレートな口パクの演奏から様々な概念的なフィルムまで、まさに寄せ集め状態だ。歌がクリップより良いものもあれば(「ロンドンタウン」など)、その逆の場合もある(「カミング・アップ」は軽い感じの歌だが、ビデオはマッカートニーがバディー・ホリーからスパークスのキーボーディストのロン・メイルまで、全員を撮影している楽しいもの)。歌もビデオも素晴らしいものもある(「テイク・イット・アウェイ」ではリンゴ・スターがドラムス、プロデューサーのジョージ・マーティンがピアノ、そして俳優のジョン・ハートが出演している。「バンド・オン・ザ・ラン」は写真やフィルム、その他のメディアを使ったクリエーティブなパスティーシュで、問題のバンドはウィングスではなくビートルズであることを示唆している)が、両方で失敗しているものもある(ジョン・レノンが1970年代のマッカートニーの作品を「ピザとフェアリーテイルばかり」と言ったのは、「シー・ムーン」のようなものを思い浮かべていたのかもしれない)。3枚目に収められた3本のコンサートのうち、一番いい(そして一番短い)のは、見事な「エヴリナイト」と「アンド・アイ・ラブ・ハー」をフィーチャーした1991年の「アンプラグド」ショーで、あとは1976年のウィングスのロックショー、2004年にイギリスのグラストンベリーで行われたマッカートニーの現在の素晴らしいバンドによるギグだ(いいショーだがプレイリストはたとえば2005年の「赤の広場」でのライブに比べて大胆さに欠けていた)。特典には、いくつかのビデオに対するマッカートニーのコメント、1985年のライブ・エイドや2002年のスーパー・ボウルの記録フィルムなどが含まれ、DVDのすべてのメニューには、あまり知られていない「ブラックプール」など、様々なノーカットの未公開ライブやスタジオ演奏がついている。故リンダ・マッカートニーはもちろん全編にわたって登場しており、もし「ポール・マッカートニー・アンソロジー」が、ある評論家が指摘したように、彼の最初の妻への事実上のトリビュートであったとしても、それ以上の価値があると言える。(Sam Graham, Amazon.com)
Amazonレビュー


カテゴリ
ライフログ - この商品を登録しているブログ
amazon検索