ボナ・メイクス・ユー・スウェット

演奏 エティエンヌ・スタッドウィック , 演奏 アーネスト・シンプソン , 演奏 サミュエル・トーレス , 演奏 テイラー・ハスキンズ , 演奏 ジョン・ケイバン
定価:¥ 2,571
マーケットプレイス価格:¥ 3,000 (税込)

レーベル:ユニバーサル ミュージック クラシック
カテゴリ:CD
JAN:4988005508287
Amazon.co.jp 売上ランキング:音楽で400108位

[ Amazonの詳細ページへ ]
トラックリスト
  1. エンギンギラエ&テ・ディカロ
  2. キヴ&スニンガ
  3. カラバンコロ
  4. サマオウマ
  5. オ・セン・セン・セン
  6. インディスクリーションズ&プリーズ・ドント・ストップ
  7. ジョンベ&回想&トレインズ
  8. テ・ディカロ
Yahoo!ショッピング
ボナ・メイクス・ユー・スウェット リチャード・ボナ CD
ストア:Felista玉光堂
¥2,237
条件付
送料無料
エディターレビュー
"リチャード・ボナ"という音楽ジャンルが存在することを実証する天才ベーシスト初のライヴ・アルバム!
アフリカ、カメルーン出身の天才ベーシスト、リチャード・ボナ。ベーシストとしてだけでなく、ヴォーカリストとしての類稀なる才能も際立つが、ジャズ・ベーシストとして、ジャコ・パストリアス、マーカス・ミラー等と肩を並べる存在になるのも、もはや時間の問題だろう。
「東京JAZZ 2003」で来日した際に、ボナにインタビューさせてもらったことがあったが、明るく人懐っこく、独特のオーラを放っていて、ベースを持っていない時でもリズムが聴こえて来そうな佇まいだったのを覚えている。その時に聴き込んでいたのが『ムニア~ザ・テイル』というアルバムだが、その中でとても印象深かったナンバー「エンギンギラエ」が冒頭を飾り、「カラバンコロ」も収録されているこの最新アルバム。『ティキ』(2005年11月にリリースされたアルバム)ツアーから、2007年7月11日&12日のハンガリーでの公演を収録したライヴ盤で、メンバーは昨年の来日公演メンバーと同一。
ボナの歌声、切れ味鋭いチョッパーは勿論、衝撃のデビュー作『シーンズ・フロム・マイ・ライフ』からのナンバーも含め、ボナのこれまでの軌跡を凝縮したような一枚。タイトル通り、ボナが汗まみれにしてくれるほどの熱くソウルフルなボナ・ワールドが全開!(The Walker's 加瀬正之)
Amazonレビュー


ライフログ - この商品を登録しているブログ
amazon検索