ベース・オン・シネマ

演奏 加藤真一 , 演奏 浅川太平
定価:¥ 2,057
マーケットプレイス価格:¥ 1,882 (税込)

レーベル:ローヴィング・スピリッツ
カテゴリ:CD
JAN:4544873020483
Amazon.co.jp 売上ランキング:音楽で395769位

[ Amazonの詳細ページへ ]
トラックリスト
  1. カヴァティナ (映画『ディアハンター』)
  2. 太陽がいっぱい (映画『太陽がいっぱい』)
  3. 二人でお茶を (映画『二人でお茶を』)
  4. ワイルドで行こう (映画『イージーライダー』)
  5. ニュー・シネマ・パラダイス (映画『ニュー・シネマ・パラダイス』)
  6. 不良少年 (映画『不良少年』)
  7. シャレード (映画『シャレード』)
  8. マホガニーのテーマ (映画『マホガニー物語』)
  9. 弦楽6重奏曲第1番・第二楽章より (映画『恋人たち』)
  10. OK牧場の決斗 (映画『OK牧場の決斗』)
  11. ゴンドラの唄 (映画『生きる』)
  12. シークレット・ラブ (映画『カラミティ・ジェーン』)
  13. 過去と現在 <ニュー・シネマ・パラダイス> (映画『ニュー・シネマ・パラダイス』)
エディターレビュー
~加藤真一のベースで聴く極上の映画音楽~
前作『Melody by CONTRABASS』でもベース/コントラバスの魅力を体感させてくれた加藤真一。この新作は、映画音楽に真正面から取り組んだ感動作。前作と同様にピアニスト浅川太平とのコンビとなるが、もはや名コンビといえる2人が感動の名画の世界へ誘う。 『ディアハンター』から「カヴァティナ」、『イージー・ライダー』から「ワイルドで行こう」、『不良少年』から武満徹作「不良少年」、『マホガニー物語』から「マホガニーのテーマ」をはじめ、全13曲収録されているが、黒澤明監督の名作『生きる』から「ゴンドラの唄」の選曲は涙もの。『ニュー・シネマ・パラダイス』からの2曲も嬉しく、「過去と現在」でのアルコ(弓弾き)の響きも感動的。
偉大なジャズ・ベーシスト、ポール・チェンバースの名盤『ベース・オン・トップ』を思い起こさせるようなタイトルもよく、ジャケットも素敵だ。正にベースが奏でる映画の楽園が広がる一枚。(加瀬正之)
Amazonレビュー


ライフログ - この商品を登録しているブログ
amazon検索