花の回廊―流転の海 第五部― ―流転の海― (新潮文庫)

価格: (税込)
新潮社
ページ:507頁
Amazon.co.jp 売上ランキング:で34176位

[ Amazonの詳細ページへ ]
エディターレビュー
昭和32年、松坂熊吾は大阪で再起を賭け、妻房江とともに電気も通らぬ空きビルに暮らしていた。十歳になった伸仁は尼崎の集合住宅に住む叔母に預けられた。居住者たちは皆貧しく、朝鮮半島からやってきた人々が世帯の半ばを占め、伸仁は否応なく凄絶な人間模様に巻き込まれていく。一方、熊吾は大規模な駐車場運営に乗り出す。戦後という疾風怒濤の時代を描く著者渾身の雄編第五部。
Amazonレビュー
amazon検索